ahcセンシティブの悪い口コミやNGポイントまとめ

ahcセンシティブはヨーロッパを中心に人気の高い制汗剤です。

製造はスイスで、デトランスαが2016年に水害で工場が一時閉鎖された為に爆発的に売れています。海外の制汗剤は、とにかく評価が高く「どんな汗も止まる」と言われています。

海外製品は、刺激が強いのでは?と敬遠する人もいますし、他の制汗剤は使えないという声もあります。と同時に「合わない」「国産の制汗剤が安心」「効かない」といった悪い口コミが多いのも確かです。ahcセンシティブの悪い口コミから、どこがNGなのかをまとめていきます。

ahcセンシティブの悪い口コミ

男性/30代
制汗効果が高いと口コミで知り購入しました。確かに汗は確かに止まりますが、かゆみも止まりません。汗を止めるか、かゆみを止めるかどちらかなら使わない方が良いです。
女性/20代
痒くなると書いてありましたが本当です。制汗効果はありますが、使い続けていくうちに肌荒れを起こしてしまいました。とにかく痒みが酷く、一度痒くなったら怖くて使えません。どこが良いのか理解ができません。
女性/30代
塗ってから乾くまで時間は掛かるし、何度も塗るとかぶれて真っ赤になりました。日本人には向いていないのでは?もう使いません!
男性/20代
直接塗れないので手間がかかる。痒くなる・アルコール臭い。とても良い制汗剤とは思えません。説明書にも「痒くなることがある」と書かれていて信用できないと思いました。

ahcセンシティブの口コミから感じたNGポイント

ahcセンシティブのNGポイント1:痒みが生じる

ahcシリーズには、ahcセンシティブだけでなく手足用のahcフォルテ等制汗したい部分用に分かれています。ahcセンシティブは全身に使える制汗剤なので、定番として購入する人が多いようです。

汗がぴったり止まると感じている人が多いのですが、「痒い」と訴える人の多いこと。痒みやかぶれが起きたら普通は使用中止しますし、肌になんらかのトラブルが起きることを前提とした商品というのもいかがなものでしょうか。多くの人が痒みを訴えており肌の刺激がとても高いことが分かります。

ahcセンシティブのNGポイント2:乾きが悪い

制汗剤は消臭剤とは違い、外出前に使用する事が多くなります。自宅でリラックスしている時間に制汗剤を使う人は少ないと思いますので、仕事に向かうまでの貴重な時間に手早くひと塗りして、洋服を身に着けたいでしょう。乾きが悪いという事は、塗って乾くまで下着や衣類を身に付けられないのです。

海外製ということもあり、軽装な外国人はタンクトップやキャミソールで乾かせば良いのですが、私たちの生活習慣からして家族であっても衣類を身に着けないのはマナー違反です。いくら制汗効果が高いちは言っても、乾きが遅く時間が掛かるのは使いにくさを感じます。制汗効果に加えて速乾性も大切なポイントですが、乾かすまでじっとしていなくてはいけないのは忙しい現代人には不向きのようです。

実際にahcセンシティブは脇汗には効果ある!?使用した感想からNGポイントをまとめます

海外製の制汗剤は「制汗力が高い」ものが多いのですが、その反面「肌に合わない」という口コミがとても多いです。実際に、効果を感じている人もいるのでどこが良くてどこが悪いのかをサンプルを使って検証していきます。

使用した人:管理人(敏感肌)

私は汗かきではないのですが、ホットヨガをやっているので、レッスン前に塗りどれだけ制汗効果があったのか、また悪いと感じた点などを正直に感想としてまとめました。

ahcセンシティブを塗った感じ

サンプルはシートタイプになっていますが、本体は液体なのでコットンに染み込ませて肌に塗るようです。ホットヨガはご存じのように、半端なく汗がでますが肌荒れがあると困るので今回は脇の下のみに塗りました。

消毒薬のような臭いで、本当に制汗剤?と思う感じです。塗るとスース―する感じで、ベタッと液体が脇に張り付く感じです。5分ほどすると乾きますが、結構乾くまで脇を閉じないようにするだけで疲れます。

制汗効果はあったのか?

残念ですが、塗った時の臭いが強烈すぎる事と乾くか乾かないかの内に脇にピリピリした刺激を感じてしまいシャワーで洗い流してしまいました。

制汗効果もなにも、こんな刺激が高い制汗剤を敏感肌の私では使う事はできません。想像通り、脇は真っ赤になり何をしなくても痛くてたまらず皮膚科にお世話になることになってしまいました。口コミにある通り、肌の弱い人には不向きな商品です。

これでは検証ができないので、ワキガの友人にお願してサンプルを使って頂きました。

使用者:男性
汗のかきやすさ:脇汗多し・ワキガ

制汗効果について

サンプルを使い、3日間は脇汗はぴったり止まりました。ahcセンシティブは、脇汗が止まったら暫くは塗らないで、汗がでるようになったらを塗るを繰り返します。制汗効果はかなり高く、今までこんなに汗がとまった商品はありません。

ワキガの臭いは抑えられているのか

汗がぴったり止まった事で、ワキガ臭もなくなっています。ただ、消毒薬のような臭いが脇から発せられる為に会社で「どこか怪我でもされているんですか」と女性社員に聞かれました。まさか制汗剤とも言えず、誤魔化しましたがワキガ臭は無くなったけれど、別の臭いがするんじゃ意味がないと思います。シャワーしても、この臭いは2日はとれませんでした。気にしない人は良いと思いますが、かなり強烈なアルコール臭です。

何度か使った感想とその後

持続性は高いのですが、サンプルを使い切ったあと脇が黒ずんだような感じになりました。制汗効果は高いし、ワキガの臭いも消臭できたのは確かに凄いとは思います。ただ、これを購入して使うかと聞かれたら自分は使いません。制汗剤は基本「無香料で無臭」が良いと思っていますし、独特なアルコール臭がとにかく凄いです。肌荒れしたわけではありませんが、「まったく汗をかかない」のは反対に怖いです。これは脇に塗ったのですが、反対に首や顔の汗が増えたような気がしています。

口コミと成分から見えるahcセンシティブの制汗効果

制汗成分のメインは塩化アルミニウム。これは多汗症治療で用いられる事もあるので、効果は高いことは間違いありませんが肌への刺激が強いために、病院では肌トラブルを起こしやすい人には使用しないようになっています。短期間は問題はなくても、長期使用により肌トラブルを起こす可能性が非常に高い成分ですので注意が必要です。

成分のなかに天然成分であるオールドマンズビアード、グローブ、セージを含み「肌荒れしやすい人でも安心」と書かれています。オールドマンズビアードは、「クレマチス」「センニンソウ」の名前でもお馴染みの灌木です。抗菌効果があるハーブの一種で、特に肌に潤いを与える成分ではありません。クローブは殺菌や消毒効果、セージは制汗と殺菌と「殺菌力の高い制汗剤」と言えます。メインにアルコールが含まれている事が、消毒薬のような臭いの原因のようです。制汗剤として効果があっても、強い臭いがするのはマイナスポイントではないでしょうか。

私が肌に痛みを感じたのも、殺菌力が高すぎたのではないだろうかと感じています。皮膚科で診察を受けた時も「制汗剤をつけたらひりひりして洗っても痛いです」と話をしたら「どんな制汗剤を使ったのか」聞かれました。海外の人と日本人の肌質は違うので、合わない事の方が多いそうです。

ahcセンシティブがおすすめな人

・とにかく汗を止められるなら海外製でも構わない
・肌荒れとは無縁である
・手間がかかっても効果の高い制汗剤を必要としている
・時間に余裕がある

そもそも、海外の人は体臭もキツイし汗もかきやすいのです。その為に制汗剤には、必ず消臭効果の高い成分が含まれています。日本人より肌バリアの強度が高いので、刺激のなる成分でも肌荒れする人が少ないのです。体臭を気にするより、汗でべたつくことを嫌うので制汗剤が人気なんです。

どうしても汗を止めなくてはならない、その為なら多少のリスクは我慢する人もいると思いますし、汗が引けば塗らなくていいのでその間に痒みやトラブルが起こらない肌が丈夫な人は大丈夫でしょう。ロールオンやスプレーのようにササっと塗るものではないので手間を惜しむよりも制汗効果を選ぶ人もおすすめします。

公式サイト以外のAmazonや楽天でも取り扱いがあるので、定価よりも安くは購入できるようにはなってきています。公式から購入すると、送料はかかりますし時間もかかりますので日本の販売サイトを利用すると良いでしょう。

ahcセンシティブをおすすめできない人

・肌が弱い人
・無添加・無香料の制汗剤を探している
・子供の制汗剤が欲しい
・安全性の高い商品を使いたい

まずは、肌が弱い人にはおすすめできません。間違いなく、肌荒れを起こしてしまいますから最初から選ばないことです。天然ハーブが成分に含まれているので、一見は肌にも良さそうですが殺菌力の高い成分が多く肌を保湿する成分はありません。無添加で安全性の高い制汗剤を探すのであれば、国産に勝るものはないと思います。

13歳から使用できる制汗剤のようですが、成分から考えて未成年の使用は控えた方が良いでしょう。子供の肌は大人よりデリケートですから、それこそ無添加で安全性の高い制汗剤を使うべきです。

ahcセンシティブはNGポイントが多い制汗剤

・安くはない
・殺菌力が強すぎる
・アルコール臭がキツイ
・肌荒れを起こす可能性が高い
・塗るのに手間がかかる

たくさんの制汗剤を知っていますが、ここまでNGポイントが多いのも珍しいのではないでしょうか。制汗力も何日かの持続性があるので高いと言って良いとは思いますが、使い続けると肌に痒みや肌荒れを起こしてしまうことが分かっていながら販売しているのも問題があるのではないかと思います。海外ではそのような事はなくても、日本人の肌に合わなければ意味がありません。

制汗剤は長く使用するものですから、肌に刺激があるのは使用すべきではないと思います。日

本製の制汗剤の中には効果の持続性が高く、無添加・無香料のものがあります。長期使用するのであれば、その中から選ぶのが一番ではなおでしょうか。