ワキガかも…と思ったら何科に診察を受けにいけば良いの?

ワキガになった時、何科を診断すれば良いのかわかりませんよね?
なんだか体臭が気になる、そのにおいがワキから発せられていると「ワキガ」かも!と焦ってしまいますね。

日本人は、においに非常に敏感なので、いつもと違うにおいを感じると「ワキガかも」と慌てやすいようです。そもそも個人で判断するには「におい」でしかありませんし、他人に聞くわけにもいかず「病院に行くべきか」「セルフケアで治るのか」と悶々としてしまいます。

いまだに「ワキガは手術しか治療方法がない」と思い込んでいる人も多く、ワキガに効く薬用のデオドラントクリームなどでは安心できないと考えている人もいるようです。

まずは、本当にワキガなのか単に汗が臭かっただけかを判断する為には病院で調べてもらう必要があります。また両親がワキガなので、自分は間違いなく悩んでいて手術を検討している人もいるでしょう。

では病院に行くのなら、何科の診察を受ければ良いのでしょうか。

ワキガ改善の為の病院の選び方や診療科目について今回はお話ししていきましょう。

ワキガ診断に行きたい!どの病院の何科に行く?

ワキガであるかどうかを調べてもらったり治療をするためには、病院選びから始めなくてはいけません。

総合病院に行くにも、個人のクリニックを選ぶにしても専門も科であることが大切になります。

このワキガは、汗腺が原因となるので「形成外科」「美容形成外科」はもちろんですが「皮膚科」や「美容外科」でも診察してもらえます。中でもワキガに対する知識が高い、診療に力を入れている病院であれば間違いありません。

美容外科・美容形成外科

東京美容外科
どちらも体の外見的な傷やトラブルを治療する専門の医師がおり、どちらも顔を含む全身のトラブルに対応しています。

ワキガは心身共にトラブルを感じる事が多いので、どちらでもワキガ専門治療を行なっているクリニックが増えてきました。

ワキガだけでなく、体臭全般を見てくれますので悩みを打ち明けて、なんとか解決策を見つけたい人はこちらのどちらかを受診すると良いでしょう。

外科ですから、ワキガ手術やレーザー治療、ボトックス注射などの治療も行っていますので、これらの治療を検討しているのであれば詳細を聞いて決めることができます。

また最新の治療や、切らないワキガ治療も行なっていますので重度もワキガで悩んでいたり、多汗症を併発している人におススメです。

形成外科

皮膚の大掛かりな手術をするのが成形なので、手術をすすめられることもあります。

また保険が適応されない治療もありますので、カウンセリングで本当に必要な治療なのかをしっかり判断すること。

ワキガ診断や治療もできますが、どちらかといえば火傷などの皮膚の再生がメインになるのでワキガ専門医がいるとは限りません。

皮膚科


一番行きやすく、多くの人が皮膚科を訪れます。

皮膚科の場合には、病院の規模にもよりますが、脱毛やレーザー治療が行えるところもありますので美容外科や美容成形外科に行きにくい人も気軽な面はあります。

傷跡を残さずワキガを手術するレーザー治療!その功罪

2016.11.23

温存治療として、薬用の制汗剤を処方されたり食事指導がメインになり、軽度であればボトックス治療もススメてくれます。

手術までは検討していないし、保険で治療を受けられるなら受けたいのであれば、まずは皮膚科で相談してみましょう。手術希望の場合には、良い病院や医師を紹介してもらえるメリットもあります。

どの科でも問診が決めてになります
においの感じかたは人によって異なります。嗅覚の鋭い人は、ちょっとしたにおいにも敏感なのですが、ワキガは独特なにおいがあるので自分以外の人も「臭い」と感じることが判断材料となります。

まずは問診で幾つかのチェック項目に当てはまっているかを調べてからにおい検知や血液検査でワキガ体質化を判断していきます。

ワキガ対策グッズ・アイテムのおすすめは?[専門家が厳選]

2016.12.01

ワキガ手術で失敗するとどうなるの?わきが手術失敗例

2016.11.29

ワキガ手術後になぜ再発?どうしたらいいの?

2016.11.24

病院へ行く前のワキガセルフチェック

  • 両親がワキガ、または親戚にワキガの人がいる
  • 耳垢が湿った状態であることが多い
  • 汗をかきやすい
  • 緊張すると手汗や、ワキ汗がとまらない
  • 食生活はどうなのか

  • まずこの項目でチェック数が多いと、ワキガである確率が高いので実際に耳垢を取り出し、ワキ汗をガーゼで拭ってにおいレベルがどうかを診断していきます。

    多くの病院では、医師が本人のにおいからワキガであるかどうかを判断するしかないので、ワキガ治療を専門的の行っている医師がいる病院が好ましいわけです。

    詳しい診察は、血液検査や「試験切開」によってどれくらいのレベルのにおいがワキから発生しているかを判断し、においセンサーで強さを計測していきます。

    この試験切開やにおいセンサーは、整備が整っている病院でしか行うことができませんので、ワキガで悩んでいるすべての人が受けられるのではないのです。ワキガの診断は医師の腕次第とも言えるでしょう。

    病院でワキガ診断を受けるときの注意点

    病院

    ケアをするにしても、自分がワキガなのか確定できなかったり手術について聞きたかったりと病院に行く理由は様々でしょう。
    ワキガであると、病院にいく時もにおいが気になるので、シャワーを浴びたり制汗剤を使ったりして少しでも不快なにおいを消したくなるります。

    正確な診断をする為には、軽くシャワーする程度にとどめること。

    余計な香りがあると性格ば判断ができませんので気をつけてください。

    何科にいけば良いのか迷った時には「皮膚科」を

    悩む女性
    ワキガのにおいも気になるけれど、ワキガってこんなに汗をかいてしまうものだろうかと思うくらいにワキ汗が多い人も中にはいます。

    多汗症は、全身に汗をかきやすい人もいれば。

    顔だけ、手や足の裏だけ汗ばみやすい、そしてワキだけに通常より汗をかいてしまう「局部多汗症」があります。

    ワキガと併発することもあり、ワキ汗がアポクリン腺から大量に流れるとにおいも増して感じやすくなります。汗は体温調節する為に、誰でもかいていますが多汗症の場合には、精神的な事が関わっている為に「ワキガであることが恥ずかしい」「誰かに気づかれたらどうしょう」と緊張するとより汗が出でしまいにおいが強くなってしまいます。

    衣類に脇汗しみ

    衣類に汗しみができるくらい、毎日汗をかいてしまう人やワキガほどではないけれどにおいが気になるレベルの人は多汗症かもしれません。

    明らかにワキガのにおいがして、かつワキ汗がひどいとなるとワキガと多汗症を併発していることも考えられます。ワキガがアポクリン腺からの汗にたいして、多汗症はエクリン腺からの汗が多くなります。

    両方から汗が流れることで、不快感も強くなりワキガと汗臭さがまざり強烈なにおいになってしまうのです。

    どちらか判断がしにくく、何科にいけば良いのか迷った時には「皮膚科」をまず受診します。

    皮膚科では発汗を抑える薬を処方されますのでまずはどちらが重症であるかを判断します。

    発汗を抑えることができないくらい重症となると、ボトックス治療や手術を検討しなくてはいけません。そうなると外科や、形成外科が専門になります。多汗症専門の外来などもあるので、そちらを受診するのも良いでしょう。

    自律神経の問題なので、うつから多汗症になっていることも考えられますので、総合病院で皮膚科から順に紹介していただき受診する流れが一般的です。多汗症は甲状腺機能異常や糖尿病の合併症でもありますので、そちらの検査も内科で済ませておくと原因の特定がしやすくなります。

    精神的なものから多汗症になっている場合には、心療内科で自律神経トレーニングをしながらワキガの治療を平行して行います。

    多汗症は、軽いものは薬用クリームで抑えられますが重度であるならきちんとした治療も必要になるので、うまく組み合わせながら改善していくとこが大切です。

    ワキガは結局のところ、何科で診察してもらうのが一番良いの?

    両親がワキガである場合、多くはワキガで確定的です。そんな時には、ケア方法をどうするのか、手術やその他の治療をした方が良いのかの判断をする為には「美容外科」か「美容成形外科」に行きましょう。

    ここでワキガと言われたから、必ず手術しなければならないわけではありませんし、他の治療法を検討したりすることもできます。治療の選択肢を広げる意味では、この2科が一番ベストです。

    未成年者や子供の場合は皮膚科がおすすめ


    未成年者や子供の場合、外科の響きは恐怖心を抱かせてしまいますので皮膚科がおススメです。薬用の制汗剤などで、様子を見るだけのことが多いのですが自分のワキガは治療すれば治るんだと気持を軽くすることもできます。

    成長期はにおいレベルも変化するので、あまり無理に病院に連れていくより話を聞いて気持ちを楽にしてやったり、薬用クリームを使う方が良いかも知れません。

    病院の治療には満足できない、もっと簡単にワキガを改善したいならワキガ専用の薬用クリームがおすすめ

    ワキガ対策専用クリームを塗る女性

    病院にいったは良いけれど「これぐらいは誰でもにおいますよ」とか「手術するまでもないレベル」と言われたり、体にメスを入れたくないと考える人もいると思います。

    そんな時には、ワキガや体臭専用のクリームを利用してみましょう。

    ワキガ薬用クリームは、ワキガのにおいだけでなく緊張性の多汗症対策としても非常に効果がみられます。

    ワキガ対策クリームは何を基準に選ぶ?ワキガに効くクリームの選び方

    通常の制汗剤のように何度も塗ったり、スプレーする必要もないので気持ちも楽ですし、朝ひと塗りすればにおいを気にすることなく過ごすことができます。

    病院で高額な治療費を支払って、改善がされなかった時のことを考えると手軽な薬用クリームの方が便利ですね。

    携帯できるコンパクトなものが多く、優秀なクリームが最近は増えたので「どれがいいのか迷う」人もいるでしょう。

    そんな時には、人気も高く誰でも使える「クリアオネ」をおススメします。

    天然配合で無添加ですので、誰でも使っていただけますしワキガ以外の汗のにおいのシャットアウトしてくれる優秀なクリームです。ワンプッシュを朝塗るだけの簡単ケア、べたつきもないので暑い季節も爽やか気分。

    足の臭いにも効果がありますので、全身にも使えます。

    病院の治療との併用もできますので、検討してみてはいかがでしょうか。

    病院の治療ではワキガではないと診断されたけど、やっぱり気になって仕方がない人も薬用クリームを使ってみると良いですよ。

    専門家が選ぶワキガに効くクリームならこちら

ワキガ・脇汗・体臭ならクリアネオ