アポクリン腺とは?ワキガの元となる汗腺のこと

アポクリン腺とは汗腺のことを言い、汗腺はエクリン腺とアポクリン腺の2つあります。
いずれも99%は水分で無臭ですが、アポクリ腺には臭いの原因物質がたくさん含まれ、汗をかいた後あっという間にいやな臭いを発散し始めます。

発汗作用だけなら1本で済みそうな汗腺ですが、2本あるのは何故でしょうか?

エクリン腺とアポクリ腺との違い、働きや臭いの原因物質など、アポクリン腺のすべてを知っておきましょう。

エクリン腺とアポクリ腺との違いとその働き

アポクリン腺はワキガ臭い製造工場、アポクリン腺からワキガ臭が発生します

アポクリン腺の汗は最初は無臭ですが、時間とともに臭いを発します。

アポクリン腺は、脇の下、下腹部、耳、乳輪など特定の部位に集中しています。

エクリン腺と違って、汗は肌の表面にあるかんこう(汗孔)という独立した穴から排出されます。この汗はアルカリ性で、80%ほどの水分のほか臭いの元になるタンパク質、脂質、アンモニアなどの成分が含まれています。

アポクリン腺からワキガ臭が発生するのは、タンパク質などの成分に細菌が繁殖して、汗を食べて排出する臭い物質(老廃物)に変わるためです。

この汗を好む細菌は、例えばコリネバクテリウム属の1種です。これは皮膚に繁殖する正常細菌で、そけい(鼠径)部、脇の下の体内奥深い部位であるえきか(腋窩)などに存在します。

グラム陽性桿菌の1種で、好気性。種類は30以上あり、その仲間は、人体の寄生菌であるジフテリア病原体であるジフテリア菌が最も良く知られています。

エクリン腺は発汗機能で体温調整してくれる

エクリン腺は全身ほぼくまなく分布し、特に手のひらや足の裏に多く集まっています。

アポクリン腺が大汗腺と呼ばれるのに対して、エクリン腺は肉眼では見つけにくく小汗腺と言われます。
比較的に皮膚の浅めのところにあり、毛穴とは別の皮膚表面に開口しています。

成分は99%以上が水分で,微量の塩分やカリウムが含まれる酸性溶液であり、体温を調整する機能を果たしています。例えば精神的緊張の際に特に発汗作用が強まります。

汗をかいたり、抑えたりするのがエクリン腺の体温調整機能ですが、精神的ストレスが主たる原因とされる多汗症は病気の1つで、エクリン腺が直接作用する症状ではありません。

発汗のメカニズム!アポクリン腺はワキガ臭のする汗_緊張すると出る汗はエクリン腺

脇汗がすごい女性
アポクリン腺が特に汗を出すのは、性的興奮をしている時と言われます。暑い時や緊張した時にかく汗はエクリン腺の働きであり、アポクリン腺はさほど関係していません。アポクリン腺から出る汗が、特に臭いが強くなるのは、異性を意識したときとか性的な興奮状態にあるときです。

緊張すると汗をかくと言いますが、通常はエクリン腺から発汗します。

そこに異性が介在するさまざまな場面で初めて、アポクリン腺からも汗が出て来る訳です。
同時に発汗、増幅してワキガ臭が一段と強烈にあることもあります。

ワキガのケアはまず日常生活から!

ワキガに悩む人は、侵襲性であれ非侵襲性であれ、手術で直すことを考えます。

間違いではありません。しかし、手術跡が残っても侵襲性手術がいいとか、傷跡がいやだから非侵襲性の手術にしたいと、あれこれ考える前にす日常生活を見直してみましょう。

ワキガ手術で失敗するとどうなるの?わきが手術失敗例

2016.11.29

ワキガ手術後になぜ再発?どうしたらいいの?

2016.11.24

以下に、あなたがするべきいくつかのケアを紹介します。

デオドラントでワキガの臭い消そう!

ワキガ対策専用クリームを塗る女性
ワキガのケアは大別して、細菌繁殖の元になる発汗抑制と臭いの元になる細菌を殺す、の2つです。

ワキガ対策用の外用薬には、汗と細菌を両方とも抑えるデオドラントが市販されています。

これらデオドラントは、発汗の出口をふさいで、汗の量を減らすとともに、殺菌能力のある成分を使って、常在菌を減らしたり殺したりする作用を備えているものがあります。

例えばクリアネオ、ノアンデが代表的なもので、ほかの製品も少なからず両用の薬効をうたっています。

ライフサイクルの改善

ハンバーガー
生活習慣の中でも特に食生活を変えて、常在菌のエサとなる、アポクリン腺が出すタンパク質や脂肪の量を減らしましょう。大好きなラーメンや焼き肉を控えて、動物性タンパク質や脂質を減らしましょう。

半年もすれば、それだけでワキガ臭は薄くなるはずです。

併せて、ビタミンC、E、Bを豊富に含み、体質を改善する野菜をもっと食べてはいかがですか。血液がサラサラになります。

もちろんビタミン類は、脂肪を分解して、皮脂の分泌を抑制します。便秘も改善されて、腐敗した毒素をため込んだ体臭も薄くなります。

お風呂などで体を清潔に保つ

お風呂
シャワーでさっと洗っただけでは落ち切らない毛穴に詰まった皮脂とタンパク質は、お風呂につかることで落ちやすくなります。

特に汗かきでわきが体質の人が、夏でも石けんを使わずシャワーで済ますのはお薦めできません。脇の下などの毛穴に詰まったタンパク質や皮脂は、シャワーだけでは容易に落ちません!

またタバコやアルコールの飲み過ぎは、ワキガなどの体臭を助長します。できれば止めるか減らすことを考えましょう。

脇の下を常に衛生的に!

その気になれば簡単なケアですが、極めて大切なことです。

ウェットシールやデオドラントを使って脇の下を良く拭きましょう。

付着して細菌を増殖するシャツや下着をこまめに取り換える習慣を付けましょう。

医師が教えるワキガ対策クリームの失敗しない選び方

ワキガ・脇汗・体臭ならクリアネオ