ワキガは遺伝?親がワキガだと子供もワキガになりやすい?

ワキガになるのは遺伝と言われていますが、遺伝だとワキガを治すことは不可能なのでしょうか?

ワキガはアポクリン腺という汗腺からでる汗が原因であり、この汗腺の多さと汗の量がにおいの元になっています。

そもそもワキガは、病気ではなく「体質」的な要因ですから遺伝はしますが、だからワキガが必ずなるとも言えません。

アポクリン腺から分泌される汗の中には、皮脂やタンパク質が含まれている為に量が多く空気に触れることで酸化し独特なにおいを発するようになります。

人間の身体は、両親の遺伝子情報をもって生まれてくるので、アポクリン腺が多い両親の子供はワキガ体質になります。両親だけでなく、親戚にワキガ体質の人がいると血族的にワキガ体質と考えれます。

遺伝的なものだから、成長してワキガに苦しむことになるのか・・・と愕然とする人もいますが、

ワキガは遺伝的な要素に外因的な要素が合わさることで発症していくので「両親がワキガだから」と今から悩むよりも解決策を知り予防を始めましょう。

優性遺伝するワキガ体質

優性遺伝というのは、両親に遺伝子が組み合わさった時に力が強い方が優位になり、子供にその遺伝子が継承されるということになります。

アレルギー体質も同じ原理で、どちらかにアレルギー遺伝子があると子供もアレルギーになりやすいように、どちらかがワキガである場合、ワキガ体質の遺伝子が子供にも継承されるということです。

ワキガ体質の人は、生まれつきアポクリン腺が多い遺伝子を持っているので、両親のどちらかがワキガ体質である場合には50%となります。

もちろん両親がどちらもワキガ体質でない場合には、子供もワキガ体質にはなりません。

ただし、アポクリン腺はワキガでない人にもるので、気にならない程度に汗がにおってしまったりワキガのような悪臭を感じることもあります。ワキガは遺伝しますが、悪化させるのか気にならない程度で生活ができるのかには、生活習慣も関係しているのではないかとも考えられます。

遺伝以外で本当にワキガにはならない?

両親はワキガのような様子がないのに、ある日突然ワキガのにおいに気づきショックを受ける人がいます。

ワキガは体質であると言いましたが、だからといって皆があの独特なワキガのにおいを持っているわけではありません。アポクリン腺から発するにおいの元は、脂質やタンパク質ですからワキガ体質であっても動物性タンパク質をあまり食べない人や野菜中心の生活をしているとにおい自体が抑えられたり、不快に感じない程度の汗のにおいしかしないこともあります。

ワキガを悪化させてしまうのは、食生活ともいわれているので脂質の多い食事を長く続けているとにおいもキツくなりアポクリン腺が肥大して常ににおいが気になるようになってしまいます。

ワキガを重症化しないためには食生活の改善から

2016.11.29

軽度のワキガであるのであれば、生活習慣で予防することもできますし、悪化させないこともできるという事です。

焼肉を食べたり、においのキツい食事をすると「なんとなく自分が臭い」と感じるのは、アポクリン腺からの汗に脂質などが多く含まれてしまうからなので、ワキガ体質ではないからと乱れた食生活を続けていると自らアポクリン腺を肥大させワキガになってしまうことも考えられないことはありませんので注意が必要です。

思春期に気づきやすいワキガ

中学生カップル

第二次成長期にあたる小学生高学年から中学生あたりから、子供のにおいが強く感じたり、本人が気にし始めることが多いようです。

ホルモン分泌が盛んになり、成長していく過程で発症するメカニズムは解明されていませんが、章句生活が固定していくことやファストフード、スナック菓子を食べる癖がついたことで汗に皮脂やタンパク質が混ざりやすく、スポーツで大量に汗をかく機会が大人よりも多いのでそうなるのかも知れません。

こんなアポクリン腺なんて必要ないのに、なんであるんだろう・・・

誰もがそう思いますが、アポクリン腺は私たちが「フェロモン」と呼んでいるにおいを発する器官でもあります。

ワキとデリケートゾーンに多く、ここから発するにおいが異性を引き付け子孫繁栄に繋がっているのです。思春期に発症しやすいのも、大人の階段ができたという事でもあり生理的には子作りができるまで成長したという事でもあります。

良く女性が「男性の汗のにおいにクラクラする」と表現しますが、アポクリン腺のにおいは全てが悪臭ではなく、ワキガの人は通常より強いだけなのです。

この時期は子供から大人の身体へと変化していきますから、本人も今まで感じなかった様様な変化に敏感になっています。ご両親がワキガであるのであれば、子供の気持ちも良く分かるかと思いますので、早めに話し合い社会生活の中で自分の居場所がなくならないように気配りをしてあげましょう。

ワキガが原因で、不登校になったりイジメに被害者になるようなことがあってはいけません。子供からは言い出しにくいものですから、さりげなく薬用デオドラントクリームの使用をすすめるなど親が先に気づいてあげることが大切です。

医師が教えるワキガ専用の薬用デオドラントクリームの失敗しない選び方

おすすめのワキガ対策クリームは?ワキガ対策クリームの失敗しない選び方

2016.11.29

ワキガを遺伝させないようにできる?できない?

ヘルシーな食事
残念ながら遺伝子の問題で、突然変異や遺伝子ミスとは関係がないので防ぎようがありません。

自分がワキガであれば、子供に遺伝する事を考えると結婚出産も諦めた方がいいのではないかと悩む人もいますが、大切なのは「体質である」と理解することと「予防はできる」ということです。

近年日本人にワキガが増えたのは、食生活の変化に比例すると言われていますのでワキガを悪化させない為にも。親となる自分が子供にできることを考えていきましょう。

まずは、和食中心のヘルシーな食生活、間食も程度を決めて肥満にならないようにすることでも発症を少しでも遅らせたり防ぐこともできます。肥満に人は、ワキガも重症化しやすいので適正体重にコントロールも大切なのです。

遺伝だからとワキガを諦めない

遺伝的なものは自分ではどうしょうもないので、諦めるしかありませんが「もしワキガになったら」どうすればよいのでしょう。

何もしなければ、ずっとワキガであることに悩み続けいきていかなくてはなりません。ワキガであっても、マイライフは楽しく充実したものであるべきです。遺伝だからと諦めるよりも、ワキガを受け入れて自分がより良い人生を歩む為には、現状を回避する為の解決策が必要です。

では、何をすればワキガである自分が前向きになれるかといえば薬用のデオドラントクリームなどの使用です。

ワキガは清潔にしていても、汗をかけば誰でも多少はにおいますから、その原因になる汗を抑えて細菌の繁殖を防ぎにおいを元から絶つようにすれば良いのです。通常の消臭制汗剤ではワキガのにおいまでを取り去ることはできません。

専用のデオドラント剤を使用すれば、気になるにおいだけでなく汗もスッキリと抑えることができます。

ワキガが遺伝していると思ったら薬用デオドラントクリームを使いましょう

初期の段階なら、食事に気をちけながら様子を見る事ができますが「いつワキガがになるかと思うと心配」ならば、早めに専用のデオドラントクリームを使用してみるのも方法です。

ドラックストアなどで販売されている、消臭・制汗剤は「汗をかいたら」「においが気になったら」使いますが、ワキガ専用のものはにおいがする前から使う事で1日気にせず生活することができます。

ビクビク過ごすよりストレスもありませんし、におい予防にも効果的です。

コスパもそう悪くはありませんし、家族皆で使えるものを使用すれば全員がハッピーになります。

遺伝的なものは、こうして予防や対策を考えていけば気持ちも楽になりますし悩む事もありません。

自分だけが悩んでいると思わず、家族に相談しながら最適な方法を探していきましょう。

ワキガ対策に、薬用デオドラントを選ぶならクリアオネがおススメです。

無香料でにおいが混ざることもなく、男女問わず快適に使えますし、朝にひと塗りすれば1日ワキガであることを忘れられます。このような良いクリームが出ていますので、神経質にワキガの心配ばかりをせずに過ごしてください。

医師が教えるワキガ対策クリームの失敗しない選び方はこちら

ワキガ・脇汗・体臭ならクリアネオ