ワキガ対策にドラックストアの市販デオドラントは効かない!?

最近は、薬局・ドラックストアまで行かなくてもコンビニでもワキガ対策アイテムデオドラントを購入することができます。

それだけ、においを気にしている人が多くなったということなのですが、ワキガ専用のデオドラント剤と市販のものでは成分も異なりますので「においが消えない」「混ざって臭くなった」なんて事も経験されていると思います。

たくさんあるのだから、どれか一つくらいはワキガに効果がでそうな気もしますが、薬用と通販のワキガアイテムの違いはどこにあるのでしょう。

市販のデオドラント剤の種類とワキガへの効果

市販のワキガ対策アイテム
市販のデオドラントでは、制汗だけ、消臭だけのものより両方同時に効果があるものが多くなりました。
携帯ができるコンパクトサイズもありますから、携帯にも便利です。

拭き取りタイプ

拭き取りタイプ
汗を拭き取るアルコールやローションを含ませたもので、外出時にさっと使えて便利です。乾燥肌の人は、この拭き取りタイプでは余計に乾燥してしまい皮脂分泌が活発になる為ににおいが強くなることもあります。

あくまでも携帯用で、ワキガのにおいまでは消臭することができません。

衣類にスプレーするタイプ

衣類にスプレー
体ではなく衣類にスプレーして体臭を消してしまう消臭スプレー。

スーツやジャケットにひと吹きすれば、瞬間的ににおいを抑えることができます。このようなタイプは、じかに肌を消臭しないので軽い汗のにおいや軽度のワキガに効果を発しますが長時間は効き目がありません。

パウダースプレータイプ

パウダースプレータイプ
制汗作用がある成分をパウダーにすることで、肌に密着させ消臭と制汗を同時にしてくれます。中でも銀イオンは肌の表面に作用して、細菌の増殖を抑さえます。銀イオンがガードすることでにおいを元から抑えてくれます。

市販のワキガ対策アイテムは汗を吸収してベタつく状態を緩和するが、ワキガ対策は不可能


ワキガを抑えたい場合には、やはり消臭効果の高いものを選びたいですね。市販のものも、制汗剤とデオドラント剤がミックスになったものが主流になっていますが、これではワキガのにおいをしっかりと抑えきることは難しいのです。

またコンビニの消臭剤を使うとよりワキガのニオイが悪化してしまう恐れがあります。

薬用に含まれている成分は市販のものにはなく、アポクリン腺の汗のにおいを抑えるほどの力がないからです。

市販のデオドラント剤に含まれる成分とその作用

市販のデオドラント剤
市販のデオドラント剤には、しゅうれん作用のある酸化チタンパウダーが含まれているので汗を吸収してベタつく状態を緩和させてくれます。これに雑菌作用のある、銀イオンや抹茶エキス(カテキン)、渋柿エキスや塩化亜鉛等を成分にして消臭していきます。

汗を消臭する力のある成分ですが、ワキガの元になるのはアポクリン腺の脂質やタンパク質をたっぷり含んだ汗です。毛穴の奥から次々と出るにおいや細菌をこれらでは完全に滅する力が弱いのです。

特に酸化チタンパウダーが毛穴を塞ぐ事が、ワキガの場合には逆効果になる事も考えられます。アポクリン腺からの汗は無臭ですが、ワキガでなくても汗のにおいを感じるのは少ないアポクリン腺からの汗が出ているからです。

ワキガでなくても皮脂や角質が汗で流れれば多少は汗臭く感じますが、この程度であれば市販のデオドラント剤でも汗やにおいを抑えられます。

アポクリン腺が多いワキガ体質の人は、汗に粘りがあるために市販のデオドラント剤が汗をかくたびに流れてしまい、すぐににおいを感じるようになるのです。

薬用デオドラント剤の成分

クリアネオ
皮膚には常在菌がおりその種類は多種になります。誰でも皮脂は出ますし汗もかきます。ワキガでない人、汗のにおいが少ない人の肌は弱酸性に保たれていますが、ワキガの人や汗臭くなる人は、肌がアルカリ性に傾いているようです。

ワキガを発生する、コリネバクテリウムという菌は脂肪や皮脂を餌にすると悪臭を放ちます。

ワキガの人は、この菌を殺菌することがにおいを抑えることになるわけです。
その為には、肌を酸性にする為の保湿とアポクリン腺の汗で増える菌の殺菌や老廃物の除去、そして根こそぎ消臭できる成分が必要です。

市販のデオドラント剤には、薬用デオドラントのような保湿力や老廃物の除去に効果的な成分が含まれていないので、一時的にはにおいを抑えてもそのデオドラント剤が残ることでにおいを強くしてしまう可能性すらあります。

失敗しない選び方を基準とした薬用デオドラント剤をランキング

市販にも薬用にも配合されるミョウバンと柿渋

ワキガ以外にも足のニオイにも効果のあるミョウバン

ミョウバン
ミョウバンは食品にも良く使われている安全な食品添加物です。別府温泉には「ミョウバン温泉」もありますし、制汗剤としても日本人には馴染みが非常に深いのです。

このミョウバンは水に溶けると酸性になるので、肌を酸性にすることで菌の繁殖を抑えて汗も同時にかかないようにしてくれます。ミョウバンを使った自家製のスプレーはワキガや足のにおいにも効果があるとして体臭予防に使われています。

柿渋

柿渋
柿渋は古来から防腐剤や防虫剤として、木造建築の下地や番傘にも使われてきました。

柿渋に含まれるタンニンは、強い殺菌や防菌効果があり、皮脂や角質を分解や発酵を抑制するのでワキガ臭を抑えます。このミョウバンとタンニンがより力を発揮するには、殺菌力が高く消臭力のある成分を多く含ませる事です。市販のデオドラント剤にも、薬用にも同じものが含まれているのに市販では効果を感じられないのは、それだけアポクリン腺からの汗は強力なにおいを発するということになります。

最近注目されている「銀イオン」は、約650種類の菌を殺菌する効果がある事でも知られ市販のデオドラント剤でも話題になっています。一番消臭・殺菌効果が高いデオドラント剤なのですが、ワキガの場合にはそれだけでは根本的解決ができないこともあります。

表面的な殺菌・消臭だけではワキガのにおいを抑えられず、アポクリン腺に働きかける力のある成分が含まれている薬用だから多くの人が満足しているということなのでしょう。

ワキガにはやはり市販より薬用デオドラント剤が効果的

ワキガ対策専用クリームを塗る女性
進化を遂げる市販のデオドラント剤ですが、ワキガに対しては成分的には少し物足りないのが実情です。

ワキガ改善には、皮膚を酸性に傾けることが大切なのです。

その為には、清潔な状態にすることに加えて保湿し乾燥しない肌にすることも大切です。

市販のものはスプレータイプのものが、多くパウダーで制汗することで乾燥を強めてしまうこともあります。薬用は、クリームタイプで密着度も高く浸透性がありますから肌を保湿しながら消臭と制汗ができます。

この違いが、においを抑える効果にもでるのではないでしょうか。

おすすめのワキガ対策クリームは?ワキガ対策クリームの失敗しない選び方

2016.11.29

迷った時には使ってみるのが一番です

使用してみなくては、それぞれのにおいに対する効果を感じることはできませんので、一度使ってみて市販のデオドラントを使って「どれくらい消臭できているのか」「持続性はどうなのか」を試してみましょう。ここに描かれていることが本当かよりわかるかと思います。

市販ものは値段も安いですから、1本購入してもそう負担にはならないと思います。

それでも薬用をおススメする理由!薬用デオドラントクリームなら永久返金保証付きのもあり

永久返金保証付きクリアネオ
薬用デオドラントは、市販から比べると高額ですがワキガのにおいに効果がある成分をたっぷり含んでいますので、消臭と制汗だけでなく持続性が違います。

におうたびに使う市販とは違い、1日1回の使用でワキガである事を忘れてしまうほどです。たくさんの薬用クリームがありますが、クリアオネは定期購入すれば永久返金保証付きですし、クリーム特有のべたつきもありません。

消臭・殺菌効果が非常に高いので市販では効果を感じる事ができなかった人も満足度を得られます。

良い薬用クリームがあれば、ワキガで悩む事もなくなるのでこの機会に試してみてはいかがでしょうか。

ワキガ・脇汗・体臭ならクリアネオ