CATEGORY ワキガ手術は怖い?本当に必要か考えてみる

ワキガ手術

ワキガ手術は怖い?本当に必要か考えてみる

ワキガのにおいは、脇の下にあるアポクリン腺の汗と皮脂腺から分泌される皮脂と細菌が混ざり会うと発生するとされています。

であればアポクリン腺を排除して皮脂腺の皮脂を抑えれば細菌の発生もないわけですから、簡単にも思えてしまいます。

アポクリン腺は皮膚の下にありますから、取り除く為には手術が必要になります。手術を躊躇する人には、脱毛やボトックス治療を先ずはすすめますが、ワキガには思うような効果があらわれにくい為に「効果の持続性」のある手術が適しているとも言われます。

脱毛をしたり、薬物を脇の下に塗って発汗を抑えにおいの原因の菌が繁殖しないようにする治療は一時的な方法なので、アポクリン腺を取ってしまう手術が一番持続性が高く根本的な治療とも言えるでしょう。

ワキガは手術した方が良いとも言いきれません

ワキガだから手術を絶対にした方が良いのかと聞かれれば「そうではない」と答えます。手術をすれば確かににおいから解放されるかも知れませんが、それぞれの生活リズムや体質により効果も違いますし「手術以外の方法」が当人に適している事もあります。

ワキガが手術で完治する人もいますし、再発してしまい「体の傷だけでなく心にも傷を受けてしまう」事もあります。

ワキガの人がどれくらい悩んでいるのか、本当に手術が必要なのかを医師と話し合って一番ベストな方法を探していく事が大切です。

手術は怖い!それは当たり前なのです

誰もが一生体にメスを入れずに終われば、それは楽でしかたがないでしょう。ワキガは病気ではないので、回りからすれば「楽になるならいいじゃないか」と思っているかも知れませんが、本人にすれば「本当に完治するのか」「失敗したらどうしよう」とビクビクしているものです。

ましてや、ワキにメスを入れる未知の世界に「ワキガが治るならやります!」なんて即決できる人はいません。

皆が迷い考えて「手術が最良だろう」と考えた結果なのです。現在では手術方法もいくつかありますし、ワキガのにおいだけに悩んでいるのか、多汗症も併発しているのかによっても異なります。

全てのワキガにメスを入れる事はなく、場合によっては絶縁針を使かいアポクリン腺を熱で凝固したりする方法も取ることができます。手術やこのような病院での治療は、生活に支障が出ないことが条件になりますから、手術に決める前に「どのような治療があるのか」「どこで受けられるのか」しっかり吟味した上で本当に自分が手術を望んでいるのか良く考えてみましょう。

手術の前に!良いデオドラント使ってますか?

何年もワキガに悩まされていて、これ以上はもう我慢ができないような場合には迷わず手術を選ぶ事も良いと思います。

例えばイジメにあったことがあり、社会の中で「またあんな思いをするのではないか」と精神的に不安定であったり、結婚を前に「夫婦生活が不安」と感じているようであれば有効な手術を受けるのも良いでしょう。

ですが手術で一旦は改善されても、においが再びぶり返す事も考えられます。

失敗すれば、やはりショックは大きいですし「一生ワキガのにおいを気にして生きていかなくてはならない」と愕然とするかも知れません。アポクリン腺を完全に取り去るには、医師の腕だけでなく経験もなくてはなりません。

そのような医師を探して手術までに漕ぎ着ける事を考えるのであれば、ワキガのにおいをしっかり抑える薬用クリームを一度使ってみてはいかがでしょうか。

そんなクリームでワキガ臭が消えるわけがない・今まで色々使ったけれど効果がなかったから手術に踏みきるのだと思うでしょう。

ですがメスを入れるのは、それからでも遅くはありませんし、思うような改善がもしなくても「前より良くなっている」と感じたら「長期的に使う」事で手術をしなくても満足できる結果が得られるのではありませんか?

クリアネオは人気だけでなく、実力もある薬用クリームですし、ノアンデラポマイン等女性に人気のクリームも使いやすく効果も高いと話題です。この様なクリームを専用ボディソープと併用する事で、ワキガの悩みを解決する事ができるのです。

ワキガ手術 関連コンテンツ