すそわきがはうつる?パートナーがすそわきがだったら自分もそうなるの?

すそわきがはあそこ(陰部)から臭う腋臭の事で、男性よりも女性に多いと言われています。

このすそわきがは、人から人に移るのではないかとも言われていますがわきがは感染するものではなく体質ですから、パートナーや恋人がすそワキガだから自分にうつることはありません。

今迄はなんともなかったのに、急に臭いがするようになったりすると驚いてしまいますね。

すそわきがは、何が原因なのでしょうか。

そして恋人やパートナーがすそわきがだった時にはどうしたら良いかなどをまとめていきましょう。

わきがだとすそわきがになりやすい?

困っている女性
体質的にわきがである場合、どちらも併発する人もいれば「すそわきがの方がにおいが強い」と感じることもあるようです。

わきがとすそわきがを併発してしまうと、全身からわきが臭がしますから出かける事もできなくなってしまいますね。わきがである人で、すそわきがと感じていない人はすそわきがになる可能性があるという事を頭に入れておくと対処もしやすくなります。

あそこ(陰部)の臭い(すそわきが)の原因は?生理ナプキンやおりものシートなどの雑菌が繁殖?

すそわきがは陰部からが発生するもので、わきがと同じアポクリン汗腺から出る汗と皮脂腺から分泌される脂肪酸を細菌が分解することで発生します。

アポクリン腺は、脇だけでなく乳首やへそ・陰部にも存在し蒸れやすい陰部は臭いも強く出やすいのです。

特に女性の場合には、生理がありますので男性よりも発生しやすいことや加齢により膣からの分泌物が減少することで起こりやすくなっています。

男性と違い臭い物質が起きやすい女性は、生理ナプキンやおりものシートによって雑菌も繁殖しやすいので気をつけておきましょう。

陰毛が多い人はすそわきがになりやすい

生理
女性は尿だけでなく、おりものや経血がありますので雑菌がこれらを栄養として繁殖してしまい臭いが強くなりやすいようです。高温多湿を雑菌は好むので、生理前から生理中に臭いが一番強く感じるようにまってしまいます。

男性は女性とは違い、尿や汗が主な雑菌の栄養なのですが陰毛が多い人はやはり蒸れによってすそわきがを発生することになります。

脇よりも、湿度の高い環境下にあることが大きな原因と考えても良いかもしれません。

子宮の病気から陰部が臭くなる(すそわきが)になることも


子宮頸がん、子宮内膜炎にように子宮の病気から陰部が臭うこともありますし、細菌性膣炎、トリコモナス膣炎、老人性膣炎などによって悪臭を伴うこともあります。

おりものの色が何時もと違う・不正出血があるなど変化を感じたら先ずは婦人科を受診し、病気が隠れていないかを確認してからすそわきがの改善を始めましょう。

性交してから陰部(すそわきが)の臭いは感染する?!

性交

すそわきが自体は感染はしませんが、皮膚が触れ合う事によって相手に臭い移りしてしまうことがあります。

一時的に、わきが臭は非常に強烈な為に翌日も陰部からすそわきが臭がしてしまうようです。対策としては、清潔にすることしかありませんので下着やおりものシートはこまめに取り換えてにおいが無くなるのを待つしかありません。

陰部には毛が密集していますから、肌だけでなく毛が絡むことでより臭いが移りやすくなってしまいます。実際に結婚してパートナーがすそわきがだった為に、夫婦の間がぎくしゃくしてしまい悩みを抱えることになるケースも少なくありません。

デリケートな問題な為に、相手に言い出せずに我慢している人もいるようですが、別れの原因になるようでは困りますね。

すそわきがは、下着で密閉されていると感じませんが脱ぐと自分でも臭いをはっきり感じますので本人も言い出せずに悩んでいるかもしれません。相手を思うのであれば、何かのタイミングですそわきがを治療するように声掛けしてあげましょう。

このようなデリケートな問題は、相手に伝えたくても「嫌われるかも」「気を悪くされるかもしれない」と考えると、先延ばしになってしまい言い出せずに距離が離れていってしまうことも多くなります。

すそわきがが原因で、恋人を作れない・恋に消極的になってしまうと人生台無しです。

すそわきがは、わきが同様治療をすれば改善することができますので、勇気を振り絞って伝えることが大事なのです。夫婦間で一度溝ができてしまうと、セックスレスになってしまい子供を望むのに夜の営みをもてない事にも繋がってしまいます。

デリケートゾーン専用の世間などで陰部を清潔に

石鹸
陰部を清潔にすることが先ずは重要課題です。

何時もはシャワーで済ませてしまう人も、汚れや恥垢は落とせてはいないものです。汚れが溜まりやすいには、大陰唇、小陰唇の溝ですから指の腹を使って丁寧に洗いましょう。男性器も恥垢が溜まりやすい鬼頭は優しく石鹸で洗ってください。陰部は皮膚が薄い部位ですから、石鹸はしっかり泡立てでこすらないようにします。

洗浄力が強すぎる石鹸やボディソープでは、常在菌まで洗い流してしまい雑菌が繁殖しやすくなります。女性の膣の中には、雑菌から守るための善玉菌が存在していますから、それまでも洗い流すことがないようにデリケートゾーン専用の石鹸を使用しましょう。

衣類で締め付けや蒸れが起きない工夫も行ないます

お洒落な下着は女性にとってはファッションの一部ですが、通気性が悪い化繊素材ものを身に着けていると雑菌が繁殖しやすくなってしまいます。またスキニーパンツや、レザー素材のパンツを長時間身に着けていると湿気がたまり汗をかきやすくなってしまいます。

毎日臭うのではなく、特定の衣類を身に着けた時に臭いが強くなるようまら先ずは下着や衣類に問題はないかも見直してみましょう。

これだけでもすそわきがが軽くなることもありますので、においを強くしない工夫もしっかりやっておくと安心です。

あそこの臭いをなくすすそわきが対策には薬用クリームで対応しましょう

すそわきがはにおいの発生場所が場所なだけに、脇よりも清潔を心掛けることが重要になってきます。

専用の石鹸で洗うと、においがスッキリなくなる人もいれば「やっぱり気になる」と感じる人もいます、とくに更年期以降の女性は膣内の分泌物が減少するので、すそわきがではないものの臭いが気になるものです。

洗ってもすっきりと臭いが消えず、トイレで下着を脱ぐたびに臭いがするようになると毎日憂鬱でいられないでしょう。そんな時に使って頂きたいのが、薬用クリームです。

すそわきがには、先ずは低刺激の石鹸で臭い菌を取り去り清潔な状態を保たなくてはなりません。

ですが、下着で1日隠れていますし下着・衣類の締め付けも脇よりもかなり強いですから雑菌もすぐに繁殖してしまいます。これを抑えるのが、強い消臭効果のある薬用クリームです。

わきが専用の薬用クリームの多くは、すそわきがにも使用できる低刺激で肌に優しいものが多くあります。デリケートゾーンは脱毛していない人も多いので効果の出方には個人差がありますが、清潔にしてしっかり塗り込めばかなりの効果が期待できます。

女性誌で人気のラポマインは、コンパクトなチューブタイプですからポーチに入れて持ち歩きもできますし、ノアンデやクリアネオは男女兼用で使える優秀な薬用クリームです。使った感じなども、デリケートゾーンと脇では異なる場合もありますので先ずは気になった薬用クリームを使ってみることからはじめてみましょう。

思春期の子供でも安全に使用できるものばかりですので、デリケートゾーン専用の石鹼と一緒に使ってみましょう。

ワキガ・脇汗・体臭ならクリアネオ