服の素材でわきがのニオイが変わる!腋臭がうつりにくいオススメ素材とは

服の素材によってワキガの人の臭いって変わるのでしょうか?
お洒落なファッションは、デザインだけでなく素材にもこだわりを持っている人もいるでしょう。

特に女性は、体のまるみをより美しく見せるための柔らかな素材のブラウス等を身に付けます。

ところがお洒落なその洋服の素材がワキガのにおいをより臭くしているとしたら・・・。お洒落をしながらワキガで臭くならない為には、どのような洋服が適しているのでしょう。

今回は、ワキガを臭くさせてしまう洋服の素材と、どのように予防するかについてお話します。

服の素材を説明する前になぜワキガは発生するのか?

服の素材でニオイが変わるのかというところを解説する前にまずは、なぜワキガの強烈なニオイが発生するのかを考えることで服の素材を選ぶヒントになります。ワキガの原因を知れば服の選び方も自ずとわかってきます。

ワキガのニオイは汗を細菌が分解して発生する!?

ワキガだけでなく体臭のほとんどは同じですが、実は汗単体ではそこまできついニオイにはならないです。むしろ、汗自体はほぼ無臭です。その証拠として岩盤浴やサウナなど汗を多くかくはずの場所って入りたくないほどのニオイがしていることってあまりないですよね。

あれは、実はよく換気されていることと温度の関係で細菌が発生しにくいこと、そして、こまめに掃除をして汗が細菌に分解される前になくなっていることが理由です。

逆に学校の運動部の部室は、常温なので雑菌が繁殖しやすく滅多に掃除されない上に、汗が落ちたあと即閉められて密室になり換気されないので細菌の餌の宝庫と化してしまい悪臭が漂うのです。

ワキガの原因は汗だけではなく汗と細菌なのです。

アポクリン腺とエクリン腺ワキガの原因はどっち?

人間の体には2種類の汗の出る場所があります。アポクリン腺とエクリン腺です。エクリン腺は全身に存在し、身体の熱を冷ます効果があります。エクリン腺から出る汗は基本無臭でワキガの原因にはなりません。すごい汗かきだけどニオイはきつくないという人はエクリン腺の汗が多いです。

逆にアポクリン腺は脇を中心に下腹部、耳、乳輪など特定の部位に集中しています。

こちらは、異性を惹きつけるフェロモンを出すのが役割です。しかしながら、猿の時代は良かったのですが、近代文明が発達するに過程で人間にとって強い雄や雌のニオイはワキガなどと呼ばれ嫌がられるようになりました。

このアポクリン腺から出る汗は、脂質やタンパク質が多く含まれており細菌が好むためワキガのきついニオイを発生させる原因となっています。昔であればワキガの人は男らしい、女らしいとしてモテていたのです。

顔や身体など見える場所から出る汗はエクリン腺なので、汗っかき=ワキガではなく、脇などアポクリン腺からでる汗が多い人がワキガなのです。服の脇の部分やパンツ、ブラなどが特にニオイがキツイ理由はその部分にアポクリン腺が多いからです。

【画像で解説】わきがの原因となるアポクリン腺とは?エクリン腺との働きの違いなど

2016.11.30

ポリエステルやレーヨンなどの化学繊維のものがワキガを臭くさせています

d70219fa9f867d861bd96079bddac6821
天然素材であるコットン素材の服はシャツがメインです。パンツも、コットン素材のものはシンプルで使いやすいのですがドレープなどは化学繊維の方が美しいですしシワにもなりません。

女性のエレガントなブラウスなどは、多くがポリエステルやレーヨンなどの化学繊維がメインになりコットンはあまり含まれていないものが多いですね。最近は男性にカットソーもデザインや着用感を重視し、コットン素材のものだけでなく伸縮性のあるものが多くなりました。

光沢やドレープ、伸縮性かコットン素材では表現が難しい為に多くの洋服には何かしら化学繊維が含まれています。実はこの化学繊維を使った洋服が、ワキガのにおいを通常よりさらに臭くしているとしたらどうしますか?

お洒落なファッションを楽しむ為には、着心地はもちろんですが見た目も重要になります。ハリのある洗いざらしのコットン素材のシャッはパリッとして清潔感もありますが、たまにはリラックスしたやわらかなシャッやブラウス、ニットも着たいですよね。

この化学繊維が、ワキガのにおいを閉じ込めてしまい汗と一緒に外部に放出しているのです。

化学繊維の服は基本石油製品なのでワキガがひどくなる?

化学繊維でできた服はニオイが閉じ込められるというだけでなく、素材そのものがニオイを増長させてしまいます。そもそも化学繊維の多くは石油からできています。石油は細菌が様々なものを分解してできています。

汗を分解する際に一緒に化学繊維の一部を分解することがあります。それ故にワキガの悪臭が化学繊維の方が定着しやすく洗ってもニオイが取れないという事態が発生しやすいのです。

また、発汗性が良いため、水分を飛ばしてしましますが、タンパク質などの細菌の餌となる成分は揮発せず残ってしまう為ワキガ臭の濃度があがります

しかも、上がった濃度のワキガ臭が揮発する水分と一緒に外に発散されてしまうため、天然素材に比べて、ポリエステルやレーヨンなどの化学繊維はワキガのニオイがひどくなりやすくさらに素材自体にもニオイが定着しやすいのです。

ワキガを緩和するには通気性の良い天然素材の服がおすすめ

化学繊維がワキガのニオイをひどくし、周りに拡散してしまうことはおわかりいただけたと思います。では、天然素材であればなんでもいいのか?というとそれは違います。天然素材の服の中にもニオイを閉じ込めたり、汗をかきやすくする素材があります。

ワキガにはウール製の服もよくない!?

天然素材の服の中で避けるべきはウール製品です。特に、寒い場所に住んでいるアンゴラやカシミヤ、アルパカなどの毛は洗いにくく、またニオイも付きやすい上に汗もかきやすく、汗を閉じ込めてしまうのであまりおすすめできません。

そもそも、これらの動物は基本ニオイがキツイです。洗ってニオイを落として素材として使っているので、こまめに洗わずに汗を吸わせれば、細菌の温床となりニオイがひどくなります

ワキガの人はリネン(麻)とコットン(綿)の服がおすすめ

ワキガのニオイが気になっている人にオススメの服の素材はなんなのかというとリネン(麻)とコットン(綿)です。どちらも通気性がよく、植物性の素材なので動物性素材のようにニオイを増長させることもありません。

元々ニオイが付いていたのを落とした動物性の素材の服に比べ、植物性の素材の服はニオイを滞留しずらいです。なので、リネン(麻)とコットン(綿)のような植物性素材の服がワキガの臭いを軽減するためには良いです。

発汗性の高い化学繊維の服だとワキガの臭いを放出してしまう

通気性や吸湿性がない素材
下着などでは、体の熱を逃さないことで温かさを感じられるような便利なものがあります。寒地に住んでいる人は、コットン素材の下着よりもこのように化学繊維を糸に織り込んで放熱する力をエネルギーにし寒さを感じないような下着は嬉しいものです。

冬になれば全国的に寒くなるので、その上からはセーターやフリースなどを着こみます。

ウール素材は、羊なのどの動物の毛を使っていて通気性は非常に高くそして暖かい洋服です。その下にはコットンのTシャツを着るよりもポリエステルやポリウレタンなどの化学繊維のシャツを着ればより暖かいものです。

コットンやリネンのような天然素材は、通気性と吸収性が高いので汗をかくとそれを吸い取ります。ワキガに人は汗をかきやすいので、ベタッとしてしまうことを嫌がり発汗性の高い化学繊維の下着を身に付けますが、これではにおいを外部に放出しているのと同じことです。

ポリエステル繊維などは、石油を使った合成繊維ですから通気性はなくにおいを閉じ込めてしまうのです。下着に化学繊維が入っているものを着用し、洋服の素材も化学繊維が多いものであれば、余計に通気性が悪くなり下着と洋服の中でワキガのにおいが混ざりこみ臭くなります。

下着には保温性があった方が冬は便利なのですが、通気性や吸湿性がない素材であれば洋服がコットン素材であってもワキガ臭くなってしまうのです。

蒸れることでワキガ臭さが洋服に残ってしまいます


夏は汗をかくのでワキガの臭さも感じやすいのですが、実は冬場こそが一番危険な季節です。

冬はいくら薄着にするとはいってもシャツ1枚では過ごせないですから、セーターやトレーナーなどウールや化学繊維の服も重ねて着ますよね。その上にブルゾンやコートを着れば、ワキガ臭はより繊維に吸収されていきますから「脱いだら臭い」と感じるようになります。

春夏もポリエステルなどのブラウスを着用すれが、汗のタンパク質や細菌などにおいの元が閉じ込められて動くと水分が揮発するのと一緒ににおいも拡散されてしまいます。

春夏はワキガ対策をしっかりする人も、冬場はワキの露出が少なくなるので安心してしまいますが、洋服の素材が化学繊維が多くなれば夏場と同じようにワキガのにおいが臭くなるのです。

冬は特に蒸れる服を着るとワキガのニオイは増長する!?

夏はともかく冬ってやはりウール素材の暖かい服を着たいですよね。でも、ウールは熱がこもる上に蒸れるためワキガには大敵です。前述の通り、ワキガの臭いを着ているような状態になってしまいます。

ワキガのニオイを気にするならセーターなどウール素材の服や化学繊維素材の服はやめておく方がいいです。特に肌に直接触れるパンツ、パンティーやブラなど下着は、リネン(麻)とコットン(綿)など植物性素材の下着を選ぶほうがいいです。

とは言っても寒いのでなんとか暖かい服を着たいですよね。下着も直接触れる部分だからこそ暖かいものを着て暖かい状態で外にでかけたいという思いもよくわかります。

服の素材以外でワキガ対策に気をつけること

素材さえリネン(麻)とコットン(綿)を選べばワキガのニオイがひどくなることを防げるのかというとそういうわけではありません。ワキガのニオイが気になる人が服を選ぶ際に他に気をつけるべきことをご紹介いたします。

服の色をワキガの予防に関係あり!?何色の服が良いの?


色によって熱の吸収や発散させる効率が全然違います。実は色によって熱の籠もりやすさは50倍も違うのです。熱が籠もりやすい色の服を選ぶだけで50倍も差があるということは服の色をちょっと工夫するだけで随分体感温度が変わり、汗の量もかわります。

服の色を工夫するだけでワキガのニオイを軽減させることができます。ではどんな色が熱がこもりやすく、何色が一番こもりにくいのか?こもりやすい色はおそらく多くの人がわかるのではないでしょうか?

黒です。黒が一番熱を集めて更に中に閉じ込めてしまいます。逆に何色が一番いいのかというとシルバーですが、灰色では意味はなく、多くの服はシルバーと言いながらグレーだったりするので現実的ではありません。

本当にシルバーの効果を得ようとすると消防士の耐火服やシルバーの防熱シートなどを羽織ることになるのでそんな服装では生活できないですよね。そこでシルバーと同じくらい熱を防いでくれる色が白です。

汚れが気になるという方はちょっとクリーム色や水色が入っているものにするだけでも黒など濃い色よりは熱がこもりにくいです。ワキガに悩んでいる方はぜひ服の色にも気を使ってみてください。

ウェディングドレスって夏でも暑くなりすぎて熱中症などにならないように白色をしているのかもしれないですね。ニオウ新婦なんて嫌ですもんね。

ピッタリとくっつく服はワキガのニオイを悪化させる!?

ピタッと張り付くような服は、通気性が悪くワキガのニオイを悪化させてしまいます。また、汗で張り付いて気持ち悪いので着心地もあまり良くないですよね。おしゃれのために我慢して着ていてニオイまで悪化させるでは洒落にならないですよね。

男性であればポロシャツ、女性であればふわっとしたワンピースがニオイ対策には良い服です。特に女性のふわっとしたワンピースは下からも空気が取り入れられ上に抜けていくので涼しいので一石二鳥ですよね。

浴衣

浴衣なども同じ理屈でワキガ対策には効果的です。日本の昔からの服装って通気性などもしっかり考えて作られていて素晴らしいですね。ただし、現在の浴衣は物によっては素材が化学繊維なので素材をしっかり選ぶ必要がありますのでご注意ください。

ちなみに似たようなものでもチマチョゴリは通気性はそれなりに良いですが、浴衣よりは良くないですし、日本で売られているものは化学繊維で作られているものが多いのでより注意が必要です。また、年配の人からすると韓国人ってクサいイメージもあるのでやめておく方がよいです。

基本は通気性を高い素材を選び、デオドラントもしっかり行う事


前述の通り、洋服だけでなく、下着から通気性の高いコットンやリネン素材を選ぶことが大切なのですが、下着にはどうしてもにおいだけでなく汗が吸着してしまいますので黄ばみが残りやすくなってしまいます。

その汗は洋服にもしみ込んでしまうので、洗濯したりクリーニングに出しても洋服そのものににおいが残ってしまいます。お気に入りの洋服ともなると、これはショックですし臭い洋服は着たくないですね。

デートやショッピングには、やはりお洒落な洋服で出かけたいでしょう。

自宅でくつろぐ時には、コットン素材の洋服を着るようにして出かける時にはデオドラントクリームで予防すれば洋服ににおいが移り臭くなることもなくなります。

医師が教えるワキガ対策クリームの失敗しない選び方

衣服用の消臭剤もついてくるクリアネオとデオシークがオススメ

ワキガ用衣服消臭スプレー

クリアネオやデオシークは、消臭効果だけでなく制汗効果も非常に高くかきやすいワキガの汗をしっかり抑えにおい移りを防いでくれます。洋服の素材選びにくわえて効果的な薬用クリームを使えばもう安心して外出することができますよ。

また、クリアネオとデオシークは定期購入にすれば衣服用の消臭スプレーが付いてきます。おまけだと侮ることなかれ、その辺りのコンビニやドラッグストアで売っている消臭スプレーなんかより効果が高く、中高校生の運動靴のニオイすら消してくれる強力消臭スプレーです。

定期購入と聞くと何回か強制的に買わされるというイメージがあると思いますが、1回だけ購入して止めることもできますし、クリアネオもデオシークも永久返金保証があるので、1回使ってみて効果が感じられなければ返金してもらえるので効果がなければ実質無料で使えます

デオシークとクリアネオを徹底比較!口コミから分かった本当のおすすめ

2017.06.06

クリアネオの商品情報

薬用クリームの中では一番オススメできる商品がクリアネオです。天然素材で肌にも優しく、敏感肌や肌が弱い子供でも使える優しいデオドラントクリームです。

価格単品:5,980円(約1か月分)
定期:4,980円(約1か月分)
定期購入のノルマなし(1回から解約OK)
返金保証永久返金保証
用途わきが・脇汗・すそわきが・チチガ・足臭・体臭・加齢臭
主な成分イソプロピルメチルフェノール、パラフェノールスルホン酸亜鉛
特典定期購入:衣類用消臭スプレー
生産国日本

↓【公式サイト】クリアネオを最安値で購入するならこちら↓
[女性用]https://cleaneo.jp/
[男性用]https://cleaneo.jp/

クリアネオのレビューはこちらの記事をチェックしてみてください。
クリアネオの効果や使い心地を体験レビュー!これが本音の口コミ

デオシークの商品情報

クリアネオと2強と言われる薬用クリームだけでも殺菌・制汗・抑臭のトリプルブロックで十分効果がありますが、医薬部外品の指定を受けているボディソープと身体の中からニオイをブロックしてくれるサプリメントを合わせて使うことでニオイを防いでくれます。

しかも、前述のクリアネオがクリームだけで4980円に対して、デオシークならボディーソープとサプリメントが付いて5980円と非常にお買い求めやすい価格です。

朝と寝る前に1日2回クリームを塗って、お風呂でボディーソープを使って洗ってサプリメントを飲むだけで1日中汗とニオイを防いでくれます。

価格クリーム(単品):8,610円(約1か月分)
クリーム(定期):4,380円(約1か月分)
クリーム&ボディーソープ(単品):9,980円(約1か月分)
クリーム&ボディーソープ(定期):5,980円(約1か月分)
定期購入のノルマなし(1回から解約OK)
返金保証永久返金保証
用途わきが・脇汗・すそわきが・足臭・体臭・加齢臭
主な成分イソプロピルメチルフェノール、パラフェノールスルホン酸亜鉛、柿タンニン
特典定期購入:衣類用消臭スプレー
クリームを含む購入:サプリメント
生産国日本

↓【公式サイト】デオシークを最安値で購入するならこちら↓
→[女性用]https://deoseek.jp/
→[男性用]https://deoseek.jp/

デオシークのレビューはこちらの記事をチェックしてみてください。
デオシークを使った体験レビュー!効果的な使い方は?真実を伝えます