思春期のワキガはどう対処すべき?デリケートな子供の悩みを解決

思春期は小学生高学年から高校生までの長い期間、心身に色んな変化が訪れます。近年は成長が早いので、精神が体に追い付かず不安定な状態に戸惑いやすくなります。

この思春期は、見た目だけでなく体臭への悩みが増える時期でありワキガも発症しやすくなります。デリケートな時期に、体臭の悩みが出来てしまうと心理的にもバランスが悪くなり不登校や引きこもりへと繋がってしまう不安も出てきます。

「子供の体臭が強くなった」「汗をかきやすいように感じる」「汗くささが気になる」「汗じみがある」となるとワキガではないだろうか?
と親は心配になります。

先ずはワキガがどうかを確認して対処を始めなくてはいけませんので、どのように見分けワキガだった時にはどうするのかを今回はまとめてみます。

思春期には体の変化が著しい

思春期に入ると体は第二次成長期に入るので、男子は精巣が大きくなり無精が起きたり女子は胸が膨らんできます。

同時に体毛も徐々に増えるので、脇毛や陰毛も生えてくるようになります。自分の体に興味を示すようになるので、ちょっとしたにおいにも敏感になります。

親より友人との時間を大切にし始めると同時に、客観的に人を見るようになるので異性への関心も高くなり「人からどう見られているか」「どう思われているか」を気にするようにもなってきます。男女共に体臭も小さな時よりも強くなるので、本人自身もワキガである事に気づきやすいです。

ニキビが増えるように、皮脂分泌も盛んになるのでにおいの原因も作られやすくなるわけです。「友達に臭いと思われたくない」「他人と違うにおいが気になる」時期なので早めに気づく事が大切です。

思春期のワキガが臭いのは汗の分泌が非常に多い


ワキガの原因になるアポクリン腺は、思春期を皮切りに活発に活動します。大人よりも思春期のワキガの方がにおいが強いのは、成長期で代謝が活発な事から汗の分泌が非常に多いからです。

中高生はクラブ活動もあるので運動したりする時間が増えるだけでなく、小学生よりハードな動きをするので汗が増えてにおうものなのですから、汗臭いからとワキガとも言い切れません。

思春期のワキガなのかまたは汗臭いだけかを判断するには?

制服
ワキガは体質ですから、両親がワキガでなければワキガにはなりません。片親がワキガであると、ワキガになる確率も高まりますから

  • 親や親戚にワキガ体質の人がいる
  • 湿り気のある耳垢
  • 体操服や制服の黄ばみ
  • 汗じみやカビが衣類についている

等から判断すると良いでしょう。

学生の制服はシャツやブラウスですから、脇の部分が黄色くなっていないかを洗濯時にチェックしましょう。

普通の汗の場合、全体的に透明で汗ばんでいますがワキガであれば「黄色」で衣類からもにおいがします。

この状態でしばらくいると、カビが汗を栄養にして繁殖するので衣類がカビやくすなります。

思春期にワキガになる可能性は両親がワキガでない場合もある

両親にも親戚にもワキガ体質がいないにも関わらず、子供だけが思春期にワキガを発症する事があります。

産後ワキガのように、性ホルモンの分泌が高くなる思春期にはアポクリン腺が一時的に活発に働いてしまいワキガのようなにおいを感じる事があるようです。

特に食生活で脂質が多くなると顕著にあらわれやすいので、栄養のバランスを考えてあげる事も大切です。

思春期の男子より女子の方がワキガを気にしやすい

小学生から中学生までは女子の方が成長が早いので、においも出やすいことや「おしゃれに気をつかう」事もありにおいに敏感になっています。

「女の子なのに不潔」「女の子なのに臭い」という特有の悩みを抱えやすいのも、幾つになっても美しさを求める女子ならではでしょう。

思春期にワキガになった子供にどう向き合うのか

一番は思春期の子供との向きあい方です。親が気づいていると言うことは、本人も「においがする」「友達は臭くないのにどうして」等悩んでいるでしょう。

親から「ワキガじゃないの?」なんて言われたらショックも大きいはずです。ですが何も知らずに悩みを深くさせるよりも「ワキガを理解してもらう」事が大切です。急ににおいの話をされても、子供が正直に悩みを打ち明けられません。

ましてや他人にはないにおいがする事を素直に受け入れることは難しいものです。子供から「最近汗くさい」「シャツが汚れる」と打ち明けられたら、思春期には自分も同じように悩んだ事を教えてあげましょう。本人から言い出せない時には、スポーツ番組を見ながら自分も学生時代にスポーツで汗を流し、汗くさいのが気になっていたと切り出してみるのも方法です。

そこから、においについて話し合いワキガであるなら「治療で軽減できる事」「秘密にできること」をしっかり伝えます。自分だけが悩んでいるのではなく、誰もがにおいに悩む時期があると理解すれば安心できるでしょう。

親身になり自分も悩みを共有する事で、子供の気持ちも軽くなりますし「自分だけじゃない」と思えます。体臭は誰もが悩む事であること、親はそれを解決する知識があると思えば積極的に改善しようと思えます。

思春期のワキガはどう解決する?ワキガ手術は効果がある?

手術
思春期のワキガはイジメにも繋がるかも・・・と思えば手術で治療した方が良いのではないだろうかと親なら考えます。ワキガであることが、子供の精神状態に負担になるだけでなく回りから「異質なもの」と思われてしまうのは親としては心配でなりません。実際にワキガで悩んでいる思春期の子供を持っている親御さんの中には手術を受けさせたい意見も多いです。

手術自体は年齢制限がないので受ける事はできますが、思春期の場合には「一時的なもの」「思春期以降の再発の恐れ」から手術をすすめない病院の方が多いです。医師がワキガと診断しても、体への負担や再発リスクを考えると有効な治療とは言えないからです。

手術以外にメスを使わない治療もありますが、このような治療は保険適応にならず実費治療なので経済的な負担も考えなくてはいけません。

思春期のワキガ手術はデメリットが多い

ワキガ手術
思春期はアポクリン腺が活発になる時期なので、この時に取り去れば安心だと思われていますが成長途中である為に、アポクリン腺の再生率が高く成人して再発する可能性があります。手術は医師が治療として必要と診断すると保険適応も可能ですが、切開手術は傷が残ってしまうのでにおいが消えても傷があることで新たな悩みを増やすことにもなってしまいます。

傷が癒えても色素が沈着したりすると、部活やクラブ活動にも支障がでますし水着や薄着もしたくなくなります。

皮膚がつるようになったり術後に腕がむくむ後遺症がある場合も考えられます。術後は入院で安静が強いられますから、貴重な長期休暇をワキガ治療で使うことになります。

切らない施術は思春期のワキガに効果がある?


最近は切らずに治療できる高度なワキガ治療も美容外科で行えるようになりました。原理としては、汗腺を破壊して汗を抑えにおいが発生しないようにするものですが、思春期の体は成長中ですから完治は非常に難しいと言われています。治療の料金も保険対象外ですから、30万近くの高額な治療費が必要です。これでワキガを改善できれば良いのですが、大人になり再発するとショックも大きくなります。

思春期のワキガをなんとか治してやりたい気持ちもわかりますが、子供が望まないのに無理矢理に治療をさせても意味がありません。大切なのは悩みを深くしないように、親が親身になり話を聞くことや清潔を心がけ小まめに着替えをさせてあげること。そして体に負担のない良いデオドラントを探して使わせる事です。

思春期のワキガ対策にはデオドラント剤がベスト

多感な時期のワキガには、手術よりも手軽で子供が使いやすいデオドラント剤が一番でしょう。

市販のものは簡単にどこでも手に入れる事ができますし、回りの友達も使っているので本人も安心して使う事ができます。

ですが、市販のデオドラント剤ではワキガのにおいを根本から無くしたり汗をしっかり抑える事は難しいです。塩化アルミニウムは病院の治療で使われますが、継続すると肌荒れを起こすリスクが高く毎日何度も使うのはおすすめできません。

思春期の肌に刺激がなく、しっかり制汗と消臭をできるのは薬用のデオドラントクリームでしょう。

安心できる薬用デオドラントクリーム

薬用のデオドラントクリームは、無香料・無添加でアレルギーテスト済のものが多く、敏感な子供も安心して使用できるようになっています。

消臭効果の認められているイソプロピルメチルフェノール、制汗力のあるパラフェノールスルホン酸亜鉛が配合され、消臭効果でお馴染みの柿渋エキスが含まれたクリアネオノアンデが良いと思います。

どちらにも天然成分が独自配合され、非常に高い効果があると評判です。

汗をかいたらスプレーしたり拭いたりするタイプではなく、夜のお風呂上がりと学校に出掛ける前に塗るだけで気になるワキガを抑えます。何度も塗り直しする必要もありませんし、肌に優しいのは子供にとってもメリットです。どちらも返金保証があるので、万が一効果を感じられなくても返品・返金が可能ですから安心して購入する事ができます。

効き目が持続すれば親も子供も安心できる

効果が途中で切れたり、何度もつけなおしが必要なデオドラントでは本人も親も気が気でなりません。汗に強いクリームであれば、きちんとにおいを抑えられます。

小学生ともなるとデオドラント剤は学校に持ち込めませんから、自宅でケアをして帰るまでにおいを気にしないでいられるものが安心できます。肌にかぶれが起きることもありませんし、回りに気づかれずにケアできるのが最大のメリットです。

遊びに幾度に着替えをして体を拭き取ったりシャワーする手間もなく、子供も嫌がらずに使用できるさっぱりしたのが薬用クリームです。

心配するだけで何もしないよりも薬用クリームでケアができますし、思春期を乗り越えれば今度は自分で考えてワキガ治療を判断する事もできます。良い薬用クリームを使うことで、思春期をワキガの悩みで潰すこともなく心身共に健康に過ごせるなら使わないのはもったいないですね。

ここを読んだ人はこんな記事も読んでいます

ワキガ手術で失敗するとどうなるの?わきが手術失敗例

2016.11.29

おすすめのワキガ対策クリームは?ワキガ対策クリームの失敗しない選び方

2016.11.29

ワキガ対策はボディソープ選びから!おすすめのボディソープ一挙公開

2016.11.29

ワキガ・脇汗に一番効く制汗剤は?

2016.11.28

ワキガ手術後になぜ再発?どうしたらいいの?

2016.11.24
ワキガ・脇汗・体臭ならクリアネオ