足の臭い対策クリームランキング5選・商品の選び方と正しい使い方

足の臭いが気になって靴を脱ぐのが嫌な時、あなたはどんな対策をしていますか?

こんなことならしっかり足の臭い対策をしておけば良かった…と後悔することがないように、正しい足の臭い対策を日頃から実践しておきたいものですよね。

手軽にできる対策としておすすめなのが、足の臭い対策用クリームを使う方法です。

足の臭いが発生する原因に直接作用する成分が含まれているクリームを使うことで、靴を脱いだ時の臭いが気になって仕方がないということも少なくなるでしょう。

ここでは足の臭い対策用クリームの中でも特におすすめしたい商品をランキング形式で紹介すると共に、合わせて実践したい対策も詳しく解説します。

▷ワキガ薬ランキングはこちら!
 
▼当サイトで申し込みが多いワキガ薬はこちら!
【1位】 デオシーク楽天ニュースやTwitterでも紹介の話題の商品!
【2位】クリアネオ男女共に使える!薬用デオドラントクリーム♪
【3位】ノアンデ浸透力の高さが自慢!潤いベールで汗もガード!

↓最新ワキガ対策事情を暴露!”こんなの初めて♪”臭いがサッパリ消えたランキングNo.1の●●とは?!↓

↑画像をクリック↑

足の臭い対策クリームの選び方・チェックポイント


足の臭い対策用クリームとして市販されている商品は複数存在しているので、何を基準に選ぶべきなのか迷うものです。

やみくもに適当な商品を選んでも期待していた効果が得られない可能性もあるので注意が必要です。

複数の足の臭い対策クリームから選ぶ際にチェックしたいポイントは以下の3つです。

  • 配合成分
  • 安全性
  • コスパ

配合成分をチェック


まず確認しておきたいのは配合成分です。そもそも足の臭いは、

蒸れて汗をかきやすい⇒菌が繁殖する⇒臭い発生する
という悪循環が原因になって発生するものです。つまり、足の臭いを発生させる3大原因である

  • 汗を抑える【制汗成分】
  • 菌の繁殖を抑える【殺菌成分】
  • 嫌な臭いを抑える【消臭成分】

の3つが含まれていることが重要なポイントになります。

制汗成分

足の臭い対策クリームに制汗成分として含まれていることが多いのが、「パラフェノールスルホン酸亜鉛」です。汗が出るのを抑えるというよりも、毛穴から出てきた汗に吸着することで、流れ出ないようにする働きがあります。

足の臭いが発生するのは汗をかくことが原因だと考えている人も多いですが、実はこれは大きな間違いで、汗そのものは臭いを発しません。汗が皮脂と混ざり合って雑菌を繁殖させてしまうと嫌な臭いを発生させるのです。

パラフェノールスルホン酸亜鉛は収れん(毛穴を引き締める)作用もあり、汗の量を減らすこともできます。その結果雑菌の繁殖を防ぐことができるため、臭いの原因を根本から改善することもできます。

同様の効果が期待できる成分として、ミョウバンや柿タンニンなどがあります。

殺菌成分

足の臭い対策クリームに殺菌成分として配合されていることが多いのは「イソプロピルメチルフェノール」です。殺菌作用により、嫌な臭いを発生させる原因菌を元から断つことができます。

この他にもミョウバンや柿タンニン、ヒノキやハッカ等から抽出された植物由来成分といった殺菌作用がある成分が使用されている製品も多いです。

消臭成分

不快な足の臭いを消す成分として注目したいのは「ミョウバン」です。ナスなキュウリの漬物にも使われている身近な食品添加物として知られているミョウバンは、不快な足の臭いを抑える成分としても活用されています。

ミョウバンとは硫酸カリウムアルミニウムなどの金属を含む成分なので、臭い成分を中和して消臭する作用をもたらします。更に、制汗作用や殺菌作用もあることから、デオドラント成分として優れた効果を発揮する特徴もあります。

同様の効果をもたらす成分として、柿タンニンや銀イオン、緑茶エキスなどが含まれている商品もあります。

安全性をチェック


足の臭いを改善するために使用するとはいえ、体に害を及ぼす危険性のある成分が含まれている製品は避けたいものです。安全性を確かめるためにも、商品の成分表示を必ず確認することをおすすめします。

成分表示を確認しながらできるだけ安全性の高いものを選びたいものですが、特に注意したい成分が「塩化アルミニウム」です。高い制汗作用があることからデオドラント商品の多くに含まれています。

塩化アルミニウム配合の商品を使用すると「嫌な臭いがしなくなった!」という声も聞かれますが、中には「かぶれてしまった」という声も多く聞かれます。汗と反応する際に皮膚にダメージを与えてしまい、肌荒れを引き起こすリスクが高いため、人によっては肌に合わなくて使えない場合があるのです。

他にも「トリクロロカルバニリド」が殺菌成分として配合されている場合がありますが、この成分も注意が必要です。あまりにも強力な成分なので人体に悪影響を及ぼすおそれがあるとして、アメリカでは使用禁止になったほど危険性が高いと言われています。

特に肌が弱い人は成分表示をよく確認して使うことが大事ですが、実際に使ってみなければ肌に合うのか合わないのか判断しにくいものです。可能であれば、実際に使ってみても肌に合わなければ返金に応じてくれる「返金保証」がある商品を選ぶことをおすすめします。

コスパをチェック


どのくらいの量を、どのくらいの頻度で使用するのかは個人差があるため、同じ商品でも人によっては1ヶ月持つ場合もあれば半月ほどしか持たない場合もあるため一概には言えませんが、できるだけコスパが良いものを選びたいものです。

足の臭い対策クリームは長期間に渡って使わなければいけないので、価格と容量のバランスを考えて、1ヶ月間でどのくらいの費用で使えるものなのかを考えてみることも大切です。

足の臭い対策クリームランキング5選

市販されている足の臭い対策クリームの中で、配合成分と安全性、コスパのバランスを考慮した結果、おすすめできる順にランキング形式で紹介します。

第1位:ノーノースメル


足の臭いを発生させる原因を根本的に解決するため開発された商品です。制汗・殺菌・防臭に加えて、角質ケアも同時に行える画期的なクリームです。

商品特徴

特徴 医薬部外品
制汗・殺菌・防臭・角質の4つのケアを実現
健康管理士・専任アドバイザーがサポート
定期購入回数の縛りなし
全額返金保証(25日以内)
配合成分 【有効成分】
イソプロピルメチルフェノール(殺菌・防臭)
【その他の有用成分】
カキタンニン(角質ケア・制汗・殺菌)
植物《ヒノキ、ハッカ、パリエタリア、紅茶、ゴボウ、アルニカ、セイヨウキズタ、オトギリソウ、サボンソウ、セージ、トウキンセンカ、ホップ、レモン、キューカンバー、ゼニアオイ、セイヨウニワトコ、ローマカミツレ、ローズマリー、マツ、ニンニク、オランダカラシ、オドリコソウ、チャノキ》エキス(殺菌・保湿など)
内容量 30g(約1ヶ月分)
価格(税別) 通常・1個3,300円
お試し定期・1個2,970円
3ヶ月定期・3個8,415円(1個あたり2,805円)
年間定期・12個31,680円(1個あたり2,640円)
1ヶ月あたりのコスパ 2,640~3,300円

実際に使用した人の口コミ

Mさん/40代/男性
最初はあまりわからなかったけど、2週間くらい経つと使うのが楽しみになってきました。すぐに馴染みやすいのも良いです。
Kさん/30代/男性
しっとりしてもべたつかないのが良いです。このまま使い続けたいと思います。
Hさん/20代/女性
これを使うと一日経ってもサラサラで快適です。期待以上の商品でした。

第2位:デオシーク

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

足の臭いはもちろん、ワキやデリケートゾーンなど全身の気になる臭いにも使えます。モンドセレクション銀賞を受賞しており、世界でも品質の高さが認められているのも大きな魅力です。サプリメントやボディソープと組み合わせたトータルケアができるのも特徴です。

商品特徴

特徴 医薬部外品
第三者機関で品質検査を実施
殺菌率99.999%を実現
定期購入回数の縛りなし
永久返金保証
配合成分 【有効成分】
パラフェノールスルホン酸亜鉛(収れん作用による制汗)
イソプロピルメチルフェノール(殺菌)
【その他の有用成分】
カキタンニン(消臭)
植物由来エキス《セージ、シャクヤク、ドクダミ、アマチャ、ユキノシタ》海藻エキス(5)、加水分解シルク液、l-メントール、炭酸水素ナトリウム、炭酸ナトリウム、クエン酸ナトリウム(制汗、消臭、殺菌作用など)
内容量 30g(約1ヶ月分)
クリーム+ボディソープ+サプリの価格(税別) 通常・1セット9,980円+送料630円
3セットまとめ購入・23,800円(1セットあたり7,933円)
定期コース・1セット5,980円
クリーム+サプリの価格(税別) 通常・1セット7,980円+送料630円
3セットまとめ購入・16,800円(1セットあたり5,600円)
定期コース・1セット4,380円
1ヶ月あたりのコスパ 4,380~9,980円

実際に使用した人の口コミ

Yさん/30代/男性
朝と晩にクリームを塗るだけで楽だし、臭いも気にならなくなりました。普通の汗の臭いも感じなくなりました。
Tさん/30代/女性
デオシークはどこにでも持ち歩けるのもいいですね。前は気になって1時間おきに制汗剤を使っていたけど、デオシークは塗り直しの必要がほとんどなしでコスパも良いです。
Aさん/40代/女性
ちょっと高いかな?と思ったけどこれなら大満足。主人とふたりで愛用します。
  • デオシークに関しては下記記事も参考にしてください。

デオシークを使った体験レビュー!効果的な使い方は?真実を伝えます

2017.05.06

第3位:クリアネオ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

足やワキの臭いが気になる男女やお子様にも安心して使用できる医薬部外品のデオドラントクリームです。殺菌・制汗作用のある有効成分以外にも植物由来エキスをはじめとした有用成分をバランスよく配合しています。

商品特徴

特徴 医薬部外品
朝一回の使用でOK
パッチテスト・スティンギングテスト・放射能物質検査などをクリア
定期購入回数の縛りなし
永久返金保証制度
配合成分 【有効成分】
パラフェノールスルホン酸亜鉛(収れん作用による制汗)
イソプロピルメチルフェノール(殺菌)
【その他の有用成分】
カキタンニン(角質ケア・制汗・殺菌)
植物由来エキス《ウーロン茶、チョウジ、クララ、オウバク、ラベンダー、茶、クマザサ、シャクヤク、ハマメリス、紅茶、ドクダミ、セージ、ブドウ葉、ビワ葉、オトギリソウ、カモミラ、シナノキ、トウキンセンカ、ヤグルマギク、ローマカミツレ、アルピニアカツマダイ種子、ヒメフウロ、ユキノシタ、大豆、アマチャ、海藻》、炭酸水素ナトリウム、炭酸ナトリウム、プルーン酵素分解物、加水分解シルク液、水溶性コラーゲン液、ヒアルロン酸ナトリウム、コメヌカスフィンゴ糖脂質、水素添加卵黄レシチン、卵黄リゾホスファチジルコリン(殺菌・消臭、保湿など)
内容量 30g(約1ヶ月分)
価格(税込) 通常・1個5,980円+送料660円
通常・2個9,800円(1個あたり4,900円)+送料660円
定期便・1個4,980円
定期便・2個8,180円(1個あたり4,090
円)
1ヶ月あたりのコスパ 4,090~5,980円

実際に使用した人の口コミ

Eさん/20代/女性
1年以上定期便で購入しています。その結果臭いは結構無くなりました!
Mさん/30代/女性
以前は感じなかった足の臭いが気になりだしていましたが、このクリームを塗ったら臭いが全く気になりません。臭いが気になるところどこに塗っても良いのがすごいです。
Pさん/30代/女性
塩化アルミニウム系のデオドラントでかぶれてしまったので他のものを探して購入しました。合わなくても返金してもらえるみたいで安心しました。私には合っていたみたいで臭いも消せるしかぶれなかったので良かったです。
  • クリアネオに関しては下記記事も参考にしてください。

クリアネオ|お得な定期購入はどう?解約方法まとめ

2018.05.07

第4位:デオナチュレ足指さらさらクリーム


ドラッグストアなどでも気軽に購入できる商品で、コスパも優れています。価格が安くても足の臭い対策の有効成分がしっかり含まれています。

商品特徴

特徴 医薬部外品
汗吸収パウダーを増量して足用に開発
足に塗っても白くならない
配合成分 【有効成分】
焼ミョウバン(収れん作用による制汗)
イソプロピルメチルフェノール(殺菌)
【その他の有用成分】
ティーツリーオイル、メントール(保湿、消臭など)
内容量 30g(約1ヶ月分)
定価 約1,000円
1ヶ月あたりのコスパ 約1,000円

実際に使用した人の口コミ

Kさん/40代/女性
足の臭いは少し残りました。全くは無くならなかったのでリピはなしです。
Zさん/30代/女性
ブーツが大好きなのですが、これは期待以上の効果でした。数日使用しただけで臭いが軽減してきました。
Yさん/30代/女性
臭いがかなり消えました。でも蒸れるとヌルつく感覚があります。革靴で蒸れやすいのと靴下やストッキングにつくのはいやです。
  • デオナチュレに関しては下記記事も参考にしてください。

デオナチュレの口コミに騙されるな!ワキガに効果のありの噂を実際に検証しました

2016.12.03

第5位:ラヴィリン フォーフット(足用)


イスラエルで開発された足用デオドラントクリームです。毛穴を塞ぐことがないので汗を防ぐことはありませんが、逆に言えば毛穴を塞がないので何度も塗り直しの必要がありません。1回の使用で1~2週間も効果が持続するので、12.5gでも約半年は使用できます。

商品特徴

特徴 医薬品部外品
一度塗ると約1~2週間効果が持続
アルコール・アルミニウム塩フリー
配合成分 【有効成分】
イソプロピルメチルフェノール(殺菌)
内容量 12.5g(約6ヶ月分)
定価 約5,000円
1ヶ月あたりのコスパ 約1,000円程度

実際に使用した人の口コミ

Aさん/20代/女性
初めて使ってみました。色々対策してもダメだった足の臭いが、今日は一度も臭っていません。効果がどのくらい持つかわからないけどここまでとはびっくりです。
Rさん/30代/女性
スニーカーを履いて蒸れた時に使っています。少しでも効果があります。私はスプレーよりも効果があると思います。
Eさん/40代/女性
足の臭いが気になって使っていました。塗る量なのか合わなかったのか、余計臭くなってしまいました。

足の臭い対策クリームの正しい使い方


足の臭い対策クリームを使ってみたけど、嫌な臭いが改善されないという人も少なくありません。間違った使い方では本来の効果を発揮できていない可能性があるので、改めて足の臭い対策クリームの正しい使い方を確認しておきましょう。

足を洗って清潔にする

臭いの元になる皮脂や汗をしっかり洗い流して清潔な状態にしてからクリームを塗るのが前提になります。

外出先で足を洗えないという場合は、タオルで汗を拭き取ってからクリームを塗りましょう。足を洗える場合にはボディソープや石けんなどで丁寧に足を洗いますが、特に足指の間も丁寧に洗うように心がけてください。

仕上げにミョウバンを薄めて水に足を浸すと更に効果的です。スーパーなどでも売っている焼きミョウバンを水で溶かした原液を、お湯で10倍に薄めて足湯にすることで、殺菌・収れん・消臭作用を同時に発揮して足の臭い対策クリームの効果をパワーアップさせることができます。

ミョウバン原液と足湯のやり方

  1. キレイに洗った500mlペットボトルに水道水を250mlくらい入れる
  2. ①に焼きミョウバン大さじ1杯半を入れてよく振る
  3. ②がある程度溶けたら、更に水道水を250mlくらい加えて振る
  4. 冷蔵庫に入れて2~3日保管。キレイに溶けて透明になれば完成
  5. お湯をタライなどに入れて④のミョウバン原液をお湯の1/10程度入れる
  6. 10分くらい足をお湯に浸す

しっかり足を乾かす

せっかく足をキレイに洗っても、足が濡れたままの状態でクリームを塗ってしまうと雑菌が増えやすくなるので注意が必要です。足がしっかり乾いてからクリームを塗るようにしてください。

足指の間は湿気がこもりやすいので、特に念入りに乾いているかチェックしてからクリームを使用しましょう。

適量すりこむ

足をキレイに洗ってしっかり乾かしてから、いよいよクリームを塗ります。

足全体にまんべんなくすりこむように塗りますが、この時塗りすぎには注意が必要です。たくさん塗った方が効果的なのでは?と考えて多めに塗る人も多いですが、適量をしっかり守るようにしてください。また、足指の間も忘れずにすりこむようにしましょう。

クリーム以外に実践したい足の臭い対策


足の臭い対策クリームさえ塗っておけば、臭いは完全に防げる!…とは残念ながら言い切れません。足の臭い対策クリームで臭いを軽減させることは可能ですが、完全に防ぐことは難しいものです。

できるだけ臭いを防ぐためにもクリーム以外の臭い対策を実践することで、足の臭いを発生させない環境を整えることができます。

靴下の工夫

足の臭いを発生させる原因の一つである足汗を防ぐためにも、いつも何気なく履いている靴下で注意したいポイントがいくつかあります。

靴下をこまめに取り替える

足汗をかきやすい人に実践していただきたいのは、こまめに靴下を取り替えることです。

特に外出先では足汗を拭き取ってからクリームを塗るのは手間がかかってしまい大変ですが、足汗を吸い込んでしまった靴下を新しい靴下に取り替えるだけなら応急処置としてはとても簡単です。

外出の際には取り替えようの靴下をいくつか持参するようにしておくと、いざという時にも安心です。

消臭効果のある靴下を履く

消臭効果がある靴下を履くこともおすすめです。靴下の繊維に消臭効果がある特殊な加工を施している消臭靴下は、一般的な靴下よりも値段は高いですが、足の臭いを常に気にするストレスが軽減されることを考えると、決してコスパが悪いものではありません。

蒸れやすい足指もしっかりカバーできる5本指ソックスなどのラインナップが豊富な「デオルソックス」は、アンモニア臭を99.4%も消臭するという結果が出ているのでぜひ注目してください。

女性のパンスト

女性は靴下よりもパンストを履く機会が多いと思いますが、パンストは蒸れやすくて汗を吸収しにくいナイロンなどの化学繊維で作られており、嫌な臭いを発生させやすいので注意が必要です。

パンストを選ぶ際には防臭・防菌効果が施されているものや、蒸れやすい足指をカバーできる5本指パンストなどを選ぶことをおすすめします。また、こまめに取り替えできるように外出時には予備を持ち歩くようにすると安心です。

靴の工夫

靴を履くことで通気性が悪くなるほど蒸れてしまい、不快な臭いを発生させやすい環境になります。だからといって、蒸れやすいから靴を履かないという選択肢は現代人にとっては無理な話です。
できるだけ蒸れにくく、嫌な臭いを発生させないように靴を見直してみましょう。

靴の材質

靴の材質によって通気性が全く違います。例えばゴム長靴を長時間履いていると足が蒸れて嫌な臭いを発生させやすいのは、通気性がかなり悪いからです。

ゴム製や合皮製の靴はできるだけ避けて、あまり長時間履き続けないようにしましょう。革靴を選ぶ際には通気性の悪い人工皮革ではなく天然皮革をおすすめします。

消臭効果のある中敷きを敷く

靴の中敷きを使用する場合は消臭効果がある中敷きを選ぶことをおすすめします。消臭効果のある中敷きは通気性が良く、足汗を効率良く吸収して速やかに臭いを発散させる働きがあります。

靴を履き替える

できるだけ毎日同じ靴を履き続けないように気をつけることも大切です。一日履いた靴は、一日陰干しして乾かして休ませるようにすると、足の臭いを予防するだけでなく、長持ちするメリットもあります。

また、仕事用と通勤用の靴を分けるようにして、一日中同じ靴を履き続けないようにすることもおすすめです。

靴を乾かす

足汗が染み込んだまま放置していては、雑菌が繁殖して嫌な臭いを放つ原因になるため、靴そのものが不快な臭いの発生源になります。臭いを防ぐためにはしっかり乾かして雑菌を繁殖させないことが大切なので、可能であれば靴乾燥機を用意して乾かすことをおすすめします。

予算的に靴乾燥機を用意するのが難しいという場合は、新聞紙を丸めて靴に入れておくだけでもOKです。これだけでも靴の湿気を吸い取ってくれるのでぜひお試しください。

靴用抗菌消臭パウダー(グランズレメディ)

手軽に靴のメンテンナンスができるグッズを活用するのもおすすめです。「グランズレメディ」は靴にふりかけるだけで靴や足の臭いを軽減できるニュージーランド生まれのグッズで、安全性の高さと優れた効果からアメリカ軍施設でも愛用されている商品です。

洗濯の工夫

一見するとキレイに見えても、靴下の繊維には汗や皮脂、雑菌など臭いの原因が染み付いている場合があります。洗濯済みの靴下にも臭いの原因が残っている可能性があるので、洗濯機だけにおまかせするのではなく、ひと手間加えた洗濯を心がけましょう。

おすすめしたいのは石けんで手洗いをしてから洗濯機に入れる方法ですが、忙しくて難しいという場合は重曹を溶かしたぬるま湯(重曹大さじ3、お湯1リットル)に一晩漬け置きしてから洗濯機で洗ってください。

たったこれだけのひと手間を加えるだけで、靴下の繊維に染み込んだ臭いの原因をしっかり取り除くことができます。

外出時の工夫

予定にはなかったのに、急に飲み会に誘われてしまったけど足の臭いが心配で不安…という場合に備えて、外出時にもサッとお手入れできるグッズを持ち歩くことをおすすめします。

外出時に便利なのは素足やパンストの上からでもお手入れできるフットシートです。トイレなどでサッと足を拭いて応急処置しておけば安心です。また、足用の消臭スプレーを持ち歩いておけばシュッと吹きかけるだけなので応急処置としてはとても手軽です。

足の臭い対策まとめ・クリーム+αのケアで靴を脱いでも平気になれる!


足の臭い対策としては、臭いの元となる汗や皮脂汚れをしっかり取り除いてから臭いを放つ原因となる雑菌を増やさないように専用クリームを活用することで長時間経っても臭いを予防できます。

更にプラスαとして、靴や靴下などに気をつけて臭いの発生源となる足の環境を清潔に保つことが、臭いを気にすることなく過ごすコツです。

-人気記事-専門家が厳選したデオドラントはこちら

ワキガ・脇汗・体臭に効く塗り薬ランキング